Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.4. 2号(3/26発売)

特集:英国の悪夢

2019年4月 2日号(3/26発売)

Cover Story

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

ブレグジット 迷走イギリスがたどる奈落への道
貿易 小さなイギリスの弱過ぎる立場
視点 そしてEUが勝利を手にする
肖像 ロンドン市民の楽観と不安
政治家 鉄の女と程遠い氷の首相の罪と罰

ISISと極右の奇妙な共謀

過激派 ニュージーランドのテロで憎悪の共生関係が露呈した
【PERISCOPE】
InternationaList
MLB イチローは日米野球の「大使」だった
UNITED STATES トランプに米中貿易の決断の時
ITALY ブンガブンガ証言女性は毒殺?
NEW ZEALAND ニュージーランドで銃の自主返納広がる
UAE 衛星打ち上げでアラブが存在感発揮
ISRAEL 「瀕死」のネタニヤフに最高の援護射撃
JAPAN 人権なき「天皇制」の未来は
News Gallery
MOZAMBIQUE サイクロンに襲われた最貧国の悲劇
JAPAN アベノミクス「第3の矢」は庶民に聞け
Asia
TAIWAN 独立急進派の出馬表明で波乱の兆し
U.S. Affairs
不正入学事件が浮き彫りにした不都合な現実
ムラー報告書が出てもトランプは強気だが
【FEATURES & ANALYSIS】
カザフスタン 独裁者辞任は院政への第一歩
中南米 欧米左派はベネズエラを直視せよ
経済 景気刺激か緊縮か、韓国の分かれ道
外交 中国の覇権を阻止するために
宇宙開発 アームストロングの知られざる偉業
トレンド マイカー大国も車はシェアする時代
BY THE NUMBERS  絶滅の危機を数字で読み解く
【LIFE/STYLE】
Books 土を愛した女性のガーデニング哲学
Robots ロボットとセックスする新時代の大問題
Movies スパイク・リーが斬り込む人種差別
Travel 「女性は一人旅」が新常識?
Theater 若者だけが熱狂するミュージカル
Music ラップ界の伝説がネットで聴けない
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国の特色あるネット暴力(唐辛子)

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!