Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.3.26号(3/19発売)

特集:5Gの世界

2019年3月26日号(3/19発売)

Cover Story

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

テクノロジー 5Gが導く第4次産業革命の波
中国企業 米中戦争、ファーウェイの逆襲
シェア ファーウェイ追放で得するのは?
ニュース 新時代の幕開けはいつ?
アマゾン ロボット執事を開発中/アップル iPhoneが様子見する訳/コスト 巨額投資を成功させるカギは/アプリ 5Gアプリ実現はいつ?

グローバル化する白人極右テロ

NZ モスク襲撃事件は白人至上主義が世界に拡散する時代を浮き彫りに
【PERISCOPE】
InternationaList
NEW ZEALAND 平和の国を襲った異常な銃乱射事件
UNITED STATES 全米震撼の裏口入学スキャンダル
RUSSIA 「偽ニュース禁止」で言論弾圧危機
GERMANY フォルクスワーゲンが電動化で反転攻勢に
INDONESIA サイバー攻撃が狙う大統領選
TURKEY アルメニア語ツイートとエルドアンの胸算用
CHINA 中国のムスリム虐殺、ウイグル人の次は回民
VENEZUELA 無秩序社会のライフラインが無機能に
Asia
NORTH KOREA 米朝会談中も北朝鮮がサイバー攻撃
U.S. Affairs
民主党期待の星は意外と不人気?
トランプ派の帽子がヘイトの標的に
Business
中国に擦り寄るイタリアの日和見主義
【FEATURES & ANALYSIS】
イギリス 着地点が見えぬブレグジット狂騒曲
航空機事故 最新鋭機はなぜ落ちたか
提言 墜落事故が示す自動運転車のリスク
諜報活動 売国奴には死の報い、ではなく許しを
外交 秘宝で中国に対抗する台湾の新戦略
環境問題 地球のCO2貯蔵庫は崩壊寸前
BY THE NUMBERS  睡眠不足の人は多いけれど
【LIFE/STYLE】
Movies 平等のため戦う夫婦の物語『ビリーブ』
Movies 脚本を書いて深まった偉大な伯母との絆
Psychology マイケルが残した「虐待連鎖」の謎
Psychology 彼らがされたことはまさにレイプだ
Food もう一度押さえたい自然派ワインの基礎知識
Music ビヨンセが黒人女性にもたらしたもの
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire トランプ元弁護士の復讐ドラマ(パックン)
Picture Power 聖なる都市カトマンズの汚れた空気

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!