Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.3.19号(3/12発売)

特集:ニューロフィードバック革命 脳を変える

2019年3月19日号(3/12発売)

Cover Story

電気刺激を加えて鬱やADHDを治療し運動・学習能力を高める「脳の訓練法」がある

脳科学 ニューロフィードバック革命
テクノロジー 脳を刺激し最高のプレー
療法 ADHD治療に救世主が現れた?
研究 こんなことも可能になる?
知覚 脳をだまして目が見えない人の視覚も再生する/味覚 「甘い=幸せ」を覆すスイッチがある/ ギャンブル リスク行動を生む脳の部位が判明/暴力抑止 キレやすい人の衝動は電気刺激で抑えられる?

映画が沈黙したフレディの悲劇

歴史 同性愛への偏見を『ボヘミアン・ラプソディ』は描かなかった
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA グーグルは(やはり)中国向けに開発中
JAPAN 2島返還案に納得するのは側近ばかり?
UNICEF 麻疹流行の「犯人」に警鐘
BRITAIN ロシアマネーに利用された英王室
GO FIGURE トランプは有罪? 米国民の評価は
PAKISTAN パキスタンがテロ勢力支援をやめない訳
UNITED STATES 米国法が世界を支配する
News Gallery
ALGERIA 街に出る国民と表に出てこない大統領
RUSSIA ロシアで大河が道路に様変わり
Asia
CHINA 「本家」中国の統計疑惑が再燃
INDIA エア・インディアの「祖国万歳!」に政治の影
U.S. Affairs
ムラー報告書を切り抜けても疑惑は終わらない
Business
リチウム電池の供給で世界征服を目指す中国
【FEATURES & ANALYSIS】
中国経済 年金という中国の時限爆弾
米朝関係 金・トランプ会談、破綻の先を読む
証言 ベネズエラ避難民が語る絶望と希望
イギリス トイレの紙もなくなるの?!
カナダ SNSで自滅するセルフィー首相
BY THE NUMBERS  深刻な海のプラごみ汚染
【LIFE/STYLE】
Music チャイナラッパーが世界に大躍進
Movies 異次元からスパイダーマンが大集合
Movies 「ウォーホル風」が映画に愛される理由
Food リンゴ酢で健康と美肌を目指そう
Heritage ついに明かされたストーンヘンジの謎
Books トランプを笑っても問題は解決しない
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 若者に「江沢民ブーム」の謎(唐辛子)
Picture Power 失われたウイグルの風景

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!