Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.3.19号(3/12発売)

特集:ニューロフィードバック革命 脳を変える

2019年3月19日号(3/12発売)

Cover Story

電気刺激を加えて鬱やADHDを治療し運動・学習能力を高める「脳の訓練法」がある

脳科学 ニューロフィードバック革命
テクノロジー 脳を刺激し最高のプレー
療法 ADHD治療に救世主が現れた?
研究 こんなことも可能になる?
知覚 脳をだまして目が見えない人の視覚も再生する/味覚 「甘い=幸せ」を覆すスイッチがある/ ギャンブル リスク行動を生む脳の部位が判明/暴力抑止 キレやすい人の衝動は電気刺激で抑えられる?
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

映画が沈黙したフレディの悲劇

歴史 同性愛への偏見を『ボヘミアン・ラプソディ』は描かなかった
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA グーグルは(やはり)中国向けに開発中
JAPAN 2島返還案に納得するのは側近ばかり?
UNICEF 麻疹流行の「犯人」に警鐘
BRITAIN ロシアマネーに利用された英王室
GO FIGURE トランプは有罪? 米国民の評価は
PAKISTAN パキスタンがテロ勢力支援をやめない訳
UNITED STATES 米国法が世界を支配する
News Gallery
ALGERIA 街に出る国民と表に出てこない大統領
RUSSIA ロシアで大河が道路に様変わり
Asia
CHINA 「本家」中国の統計疑惑が再燃
INDIA エア・インディアの「祖国万歳!」に政治の影
U.S. Affairs
ムラー報告書を切り抜けても疑惑は終わらない
Business
リチウム電池の供給で世界征服を目指す中国
【FEATURES & ANALYSIS】
中国経済 年金という中国の時限爆弾
米朝関係 金・トランプ会談、破綻の先を読む
証言 ベネズエラ避難民が語る絶望と希望
イギリス トイレの紙もなくなるの?!
カナダ SNSで自滅するセルフィー首相
BY THE NUMBERS  深刻な海のプラごみ汚染
【LIFE/STYLE】
Music チャイナラッパーが世界に大躍進
Movies 異次元からスパイダーマンが大集合
Movies 「ウォーホル風」が映画に愛される理由
Food リンゴ酢で健康と美肌を目指そう
Heritage ついに明かされたストーンヘンジの謎
Books トランプを笑っても問題は解決しない
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 若者に「江沢民ブーム」の謎(唐辛子)
Picture Power 失われたウイグルの風景
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中