Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.3.12号(3/ 5発売)

特集:韓国ファクトチェック

2019年3月12日号(3/ 5発売)

Cover Story

思い込みによる誤解を排除してデータに基づき「正しく」隣国を理解する

分析 その韓国理解に根拠はあるか
データ 数字で知る等身大の韓国
オピニオン アメリカも抱く誤った韓国観

米朝会談はトランプの完敗

外交 金正恩は核放棄を回避し、トランプは手ぶらで疑惑捜査の待つアメリカへ

ゼロから分かる統計不正

日本 複雑怪奇な厚労省の統計不正問題を日本一分かりやすく解説
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 3.1運動式典で文が見せた意欲と誤算
UNITED STATES 米中のディールは簡単にまとまらない
CANADA イケメン首相が口利き疑惑で窮地に
CHINA 遺伝子編集ベビーは記憶力もアップ?
GO FIGURE 移民収容施設で子供が性的虐待に
BRITAIN 離脱交渉延長も焼け石に水
EU だったら21年までEUに残ったら?
VENEZUELA 危機解決は南アとチリに学べ
CZECH REPUBLIC 混迷EUと中ロの間で揺れるチェコ
ISRAEL 政権維持にこだわるネタニヤフの奥の手
Asia
INDIA 印パ緊張でモディ首相のジレンマ
CHINA 中国がサウジ皇太子厚遇の訳
U.S. Affairs
全米が騒然としたロシア疑惑の「主役」登場
Business
移民弊害論を破る移民経済学
Business
WTOを機能不全にする4つの大きな波
【FEATURES & ANALYSIS】
シリア 祖国に戻った難民を待つ悲劇
米政治 トランプ顧問の怨念回顧録
ポピュリズム お笑い芸人が政治を支配する日
タイ アジアの大麻大国が解禁へ舵を切る
北朝鮮 朝鮮人参の輸出大作戦で困る人々
BY THE NUMBERS  スマホ依存になってない?
【LIFE/STYLE】
Exhibition 2019年に見るべき世界の展覧会
Books 弾丸と血と栄光の『ワイルドバンチ』
Movies 『シンプル・フェイバー』でダークにイメチェン
Health 日本原産アシタバの若返りパワー
Theater ポリコレ時代のコメディアンは辛いよ
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire トランプは妖精を信じている?(パックン)
Picture Power 「男は青、女は赤」を考える

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!