Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.3.12号(3/ 5発売)

特集:韓国ファクトチェック

2019年3月12日号(3/ 5発売)

Cover Story

思い込みによる誤解を排除してデータに基づき「正しく」隣国を理解する

分析 その韓国理解に根拠はあるか
データ 数字で知る等身大の韓国
オピニオン アメリカも抱く誤った韓国観
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

米朝会談はトランプの完敗

外交 金正恩は核放棄を回避し、トランプは手ぶらで疑惑捜査の待つアメリカへ

ゼロから分かる統計不正

日本 複雑怪奇な厚労省の統計不正問題を日本一分かりやすく解説
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 3.1運動式典で文が見せた意欲と誤算
UNITED STATES 米中のディールは簡単にまとまらない
CANADA イケメン首相が口利き疑惑で窮地に
CHINA 遺伝子編集ベビーは記憶力もアップ?
GO FIGURE 移民収容施設で子供が性的虐待に
BRITAIN 離脱交渉延長も焼け石に水
EU だったら21年までEUに残ったら?
VENEZUELA 危機解決は南アとチリに学べ
CZECH REPUBLIC 混迷EUと中ロの間で揺れるチェコ
ISRAEL 政権維持にこだわるネタニヤフの奥の手
Asia
INDIA 印パ緊張でモディ首相のジレンマ
CHINA 中国がサウジ皇太子厚遇の訳
U.S. Affairs
全米が騒然としたロシア疑惑の「主役」登場
Business
移民弊害論を破る移民経済学
Business
WTOを機能不全にする4つの大きな波
【FEATURES & ANALYSIS】
シリア 祖国に戻った難民を待つ悲劇
米政治 トランプ顧問の怨念回顧録
ポピュリズム お笑い芸人が政治を支配する日
タイ アジアの大麻大国が解禁へ舵を切る
北朝鮮 朝鮮人参の輸出大作戦で困る人々
BY THE NUMBERS  スマホ依存になってない?
【LIFE/STYLE】
Exhibition 2019年に見るべき世界の展覧会
Books 弾丸と血と栄光の『ワイルドバンチ』
Movies 『シンプル・フェイバー』でダークにイメチェン
Health 日本原産アシタバの若返りパワー
Theater ポリコレ時代のコメディアンは辛いよ
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire トランプは妖精を信じている?(パックン)
Picture Power 「男は青、女は赤」を考える
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中