Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.4.16号(4/ 9発売)

特集:世界が見た「令和」

2019年4月16日号(4/ 9発売)

Cover Story

「令和」は変わる日本のシンボル? 変わらない日本の象徴? 新たな時代の新たな針路を世界はこう予測する

新元号 「令和」──名前より大切なこと:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)
皇室 立憲君主制は時代に順応する:ピーター・タスカ(評論家)
視点 新元号で激動する愛すべきニッポン:パックン(タレント)
国力 「令和」日本の課題と強み:グレン・カール(元CIA工作員)
外交 新元号決定で占う日中関係の行方:ミンシン・ペイ(クレアモント・マッケンナ大学教授)

戦い済んで取り残されて

シリア ISIS掃討戦で活躍したクルド人が米軍撤退で「丸裸」に
【PERISCOPE】
InternationaList
IRAN 洪水イランに米経済制裁が追い打ち
VENEZUELA マドゥロの居座りを終わらせよう
UKRAINE 大統領選はコメディアンが主役
UNITED STATES トランプ別荘の無防備が露呈
GO FIGURE フェイスブックでまた個人情報が漏洩
SYRIA 内戦で荒廃したシリア復興は難事業
RUSSIA プーチン政権カウントダウン
News Gallery
MEXICO 次は「国境閉鎖」トランプの気まぐれ外交
GERMANY 生存危機は農家? それとも昆虫?
Asia
INDIA 巨象インドは戦略外交を継続できるか
U.S. Affairs
ムラー報告書12のポイント
シカゴ初の黒人女性+同性愛公言の市長誕生
米民主党献金額レースのトップは?
【FEATURES & ANALYSIS】
アルジェリア 遅れてきたアラブの春の行方
ブレグジット 英国混迷の戦犯はメイだけでない
中米 ベネズエラに続く破綻国家はニカラグア
宇宙 生命の痕跡を探す火星探査の見果てぬ夢
BY THE NUMBERS ここまで広がる米合法マリフアナ
【LIFE/STYLE】
Travel ずっと夢だったあの場所へ行こう
Movies 依存症の青年と父の苦闘の物語
Ai グーグルの挑戦はバッハへの冒瀆か祝福か
Health 男性用ピルが薬局で買える日
Books 空っぽだったイバンカ夫妻の正体
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「流浪大師」人気爆発の不思議(唐辛子)
PicturePower カザフスタンの草原に広がる近未来都市

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!