Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.4.16号(4/ 9発売)

特集:世界が見た「令和」

2019年4月16日号(4/ 9発売)

Cover Story

「令和」は変わる日本のシンボル? 変わらない日本の象徴? 新たな時代の新たな針路を世界はこう予測する

新元号 「令和」──名前より大切なこと:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)
皇室 立憲君主制は時代に順応する:ピーター・タスカ(評論家)
視点 新元号で激動する愛すべきニッポン:パックン(タレント)
国力 「令和」日本の課題と強み:グレン・カール(元CIA工作員)
外交 新元号決定で占う日中関係の行方:ミンシン・ペイ(クレアモント・マッケンナ大学教授)

戦い済んで取り残されて

シリア ISIS掃討戦で活躍したクルド人が米軍撤退で「丸裸」に
【PERISCOPE】
InternationaList
IRAN 洪水イランに米経済制裁が追い打ち
VENEZUELA マドゥロの居座りを終わらせよう
UKRAINE 大統領選はコメディアンが主役
UNITED STATES トランプ別荘の無防備が露呈
GO FIGURE フェイスブックでまた個人情報が漏洩
SYRIA 内戦で荒廃したシリア復興は難事業
RUSSIA プーチン政権カウントダウン
News Gallery
MEXICO 次は「国境閉鎖」トランプの気まぐれ外交
GERMANY 生存危機は農家? それとも昆虫?
Asia
INDIA 巨象インドは戦略外交を継続できるか
U.S. Affairs
ムラー報告書12のポイント
シカゴ初の黒人女性+同性愛公言の市長誕生
米民主党献金額レースのトップは?
【FEATURES & ANALYSIS】
アルジェリア 遅れてきたアラブの春の行方
ブレグジット 英国混迷の戦犯はメイだけでない
中米 ベネズエラに続く破綻国家はニカラグア
宇宙 生命の痕跡を探す火星探査の見果てぬ夢
BY THE NUMBERS ここまで広がる米合法マリフアナ
【LIFE/STYLE】
Travel ずっと夢だったあの場所へ行こう
Movies 依存症の青年と父の苦闘の物語
Ai グーグルの挑戦はバッハへの冒瀆か祝福か
Health 男性用ピルが薬局で買える日
Books 空っぽだったイバンカ夫妻の正体
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「流浪大師」人気爆発の不思議(唐辛子)
PicturePower カザフスタンの草原に広がる近未来都市

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!