Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.1.29号(1/22発売)

特集:世界はこう見る日韓不信

2019年1月29日号(1/22発売)

Cover Story

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

東アジア 日韓は「構造的不仲」の時代へ
■歴史 和解と不信の日韓関係100年史
視点 互いを利してこそ日韓の国力は強まる
分析 強硬さを増す両国が認識すべきこと
インタビュー 「状況打開のため早期の首脳会談を」
中国 予想外に複雑な日中韓の三角関係

孤立を深めるイギリスの悪夢

欧州 ブレグジットのもくろみは外れ「小国」は世界から相手にされない
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA アメリカが警戒する中国の台湾併合作戦
VIETNAM 会談場所にこの国が選ばれる理由
TURKEY イスラム教国トルコが大麻解禁する訳
ITALY トレビの泉のコインは誰のもの?
BY THE NUMBERS 米政府閉鎖で職員が窮乏中
BELARUS ベラルーシ統合とプーチン終身体制
KAZAKHSTAN カザフ人大量出国は「抹殺」の予兆か
KENYA ケニア・テロの引き金はトランプ?
Asia
JAPAN 国家の「司法による報復」はあるのか
U.S. Affairs
ロシア疑惑の中心的人物が浮上
トルコがNBA選手まで身柄引き渡しを要求
Business
ビットコイン復活の鍵は危機に瀕する新興市場
【FEATURES & ANALYSIS】
アメリカ 喜べないテロ首謀者殺し
ネット 中国共産党の影がTikTokを覆う
米政治 トランプを作った黒過ぎる人脈
ツーリズム ベネチアが入場料を取る理由
農業 植物の「故障」を遺伝子操作で修理
【LIFE/STYLE】
Books 歴史に埋もれた女優兼発明家の素顔
Food 牛も豚も鶏も殺さない培養肉が本格化へ
Family ミレニアル世代が大人になれない裏事情
Movies 今度のポピンズは甘いだけじゃない
Diet ダイエット広告で微笑むセレブは欺瞞だらけ
Television カネ、カネ、カネは嫌いだけれど
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 女性大統領の誕生を阻むものは(パックン)
Picture Power シリア内戦が子供心に残した深い傷痕

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!