Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.1.22号(1/16発売)

特集:遺伝子最前線

2019年1月22日号(1/16発売)

Cover Story

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

科学 遺伝子編集は神の領域に挑む
■事例 技術の応用はもうここまで進んでいる
課題 デザイナーベビーは未知数だらけ
インタビュー クリスパー開発者に聞く真の目的
生命倫理 加速する技術革新、遅れるルール作り
研究 アフリカのゲノムが医学の未来を変える
ニュース ゲノム研究はここまで来た
生殖 同性DNAだけで子ネズミが誕生/動物実験 サルに病気を移植/自閉症 反復行動が抑制可能?/身体能力 人間の高い持久力は突然変異が生んだ/将来 人生はどれだけ遺伝で決まるのか/スポーツ五輪代表の選考にも/世論調査  出生前編集の許容度
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
InternationaList
EGYPT ポンペオ版カイロ演説の標的は
NORTH KOREA 4度目訪中はトランプ牽制が目的か
TURKEY 「パラダイス文書」記者がトルコで有罪
RUSSIA ロシア刑務所が拷問疑惑に反論
BY THE NUMBERS 2030年の世界経済を牽引する国は
TAIWAN 売り言葉に買い言葉で悪化する中台関係
UNITED STATES 政府閉鎖を招いたトランプへの逆風
UNITED STATES トランプ的非常事態と穏やかな現実
Asia
NORTH KOREA 世界の現実に目覚める北朝鮮市民
ASEAN 米中去って東南アジアに日本の出番
Business
ユーロ20年の歴史に学ぶ4つの教訓
【FEATURES & ANALYSIS】
米朝関係 核交渉を頓挫させる北の「誤解」
米大統領選 2020年、トランプの対抗馬は誰だ
動物保護 アフリカゾウを殺戮する側の論理
教育 中国人留学生が消えていく
トレンド 脳の快感を呼ぶASMRって?
サイエンス ツルツルとフサフサ、違いを生むカギは
【LIFE/STYLE】
Television テラハが描くリアリティーTVの未来
Heritage 「エベレスト」旧邸宅が寂しく荒廃中
Food ニワトリの骨が発掘される日
Music R&Bのセクシー女神が降臨
Movies 美しき『サスペリア』の酔えない魅力
Art 寄せ集めコラージュにエスプリを利かせて
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人が「聖誕節」をやめた理由(唐辛子)
Picture Power 日本に暮らす普段着のムスリム
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中