Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.1.15号(1/ 8発売)

特集:世界経済2019 2つの危機

2019年1月15日号(1/ 8発売)

Cover Story

「独り勝ち」アメリカの株価乱高下が意味するものは? 世界経済に突き付けられた「分裂EU」「減速中国」という爆弾

※次号は1/16(水)発売となります。

予測 世界経済の先行きに吹き荒れる逆風
ヨーロッパ EU発世界経済危機の不気味な現実味
米中関係 トランプの関税はなぜ間違いなのか
保護主義 国際貿易体制が根底から変わる日
リスク 静かにくすぶる「次の火種」
■経済環境 金融危機再来でも緩和策の余地はなし
■新興国 国際協調の欠如が「経済有事」を招く
■ビットコイン 投機でなく投資になるまで乱高下は続く
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES ペロシ復活で狭まるトランプ包囲網
SOUTH KOREA レーダー問題が暗示する「同盟」の未来
RUSSIA プーチンのタフ過ぎる国民向け談話
SAUDI ARABIA サウジがネットフリックス番組を「殺害」
BY THE NUMBERS 中国がついに人口減少へ
BRITAIN ブレグジットが英国大解体の引き金を引く
Asia
MONGOLIA 独裁者復活がモンゴルを救う?
News Gallery
INDIA 台頭インドの足元で続く「不都合な事実」
U.S. Affairs
政府機関閉鎖でも動物たちは守ります
国防長官が代わって変わること
【FEATURES & ANALYSIS】
米朝関係 核交渉を頓挫させる北の「誤解」
米大統領選 2020年、トランプの対抗馬は誰だ
動物保護 アフリカゾウを殺戮する側の論理
教育 中国人留学生が消えていく
トレンド 脳の快感を呼ぶASMRって?
サイエンス ツルツルとフサフサ、違いを生むカギは
【LIFE/STYLE】
Movies 世界はきょうだい監督で回っている?
Movies 『クリード』が凡庸な続編に逆戻り
Books 1杯のコーヒーから始まる感謝の旅
Books 少年ジャンプが挑むアメリカンドリーム
Products 大麻成分入り商品はいかが?
Health マインドフルネスで「太る生活」と決別
Music 風変わりなスターが半生を回想したら
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 首席補佐官の座はまるで拷問(パックン)
Picture Power パレスチナの夢 「理想郷」の現実

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!