Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.1.15号(1/ 8発売)

特集:世界経済2019 2つの危機

2019年1月15日号(1/ 8発売)

Cover Story

「独り勝ち」アメリカの株価乱高下が意味するものは? 世界経済に突き付けられた「分裂EU」「減速中国」という爆弾

※次号は1/16(水)発売となります。

予測 世界経済の先行きに吹き荒れる逆風
ヨーロッパ EU発世界経済危機の不気味な現実味
米中関係 トランプの関税はなぜ間違いなのか
保護主義 国際貿易体制が根底から変わる日
リスク 静かにくすぶる「次の火種」
■経済環境 金融危機再来でも緩和策の余地はなし
■新興国 国際協調の欠如が「経済有事」を招く
■ビットコイン 投機でなく投資になるまで乱高下は続く
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES ペロシ復活で狭まるトランプ包囲網
SOUTH KOREA レーダー問題が暗示する「同盟」の未来
RUSSIA プーチンのタフ過ぎる国民向け談話
SAUDI ARABIA サウジがネットフリックス番組を「殺害」
BY THE NUMBERS 中国がついに人口減少へ
BRITAIN ブレグジットが英国大解体の引き金を引く
Asia
MONGOLIA 独裁者復活がモンゴルを救う?
News Gallery
INDIA 台頭インドの足元で続く「不都合な事実」
U.S. Affairs
政府機関閉鎖でも動物たちは守ります
国防長官が代わって変わること
【FEATURES & ANALYSIS】
米朝関係 核交渉を頓挫させる北の「誤解」
米大統領選 2020年、トランプの対抗馬は誰だ
動物保護 アフリカゾウを殺戮する側の論理
教育 中国人留学生が消えていく
トレンド 脳の快感を呼ぶASMRって?
サイエンス ツルツルとフサフサ、違いを生むカギは
【LIFE/STYLE】
Movies 世界はきょうだい監督で回っている?
Movies 『クリード』が凡庸な続編に逆戻り
Books 1杯のコーヒーから始まる感謝の旅
Books 少年ジャンプが挑むアメリカンドリーム
Products 大麻成分入り商品はいかが?
Health マインドフルネスで「太る生活」と決別
Music 風変わりなスターが半生を回想したら
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 首席補佐官の座はまるで拷問(パックン)
Picture Power パレスチナの夢 「理想郷」の現実

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!