Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.6.26号(6/19発売)

特集:米朝会談の勝者

2018年6月26日号(6/19発売)

Cover Story

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

米朝交渉 トランプ・金会談の本当の勝者は
■分析 この会談を理解する5つのポイント
北朝鮮 非核化より大事な普通の国への道
人権問題 忘れられた北朝鮮10万人の苦しみ
中国 米朝会談の結果に習近平は大満足
日本 経済援助は切り札にならない?
オピニオン オレ様外交の大きすぎるツケ
視点 世論ウケを狙ったトランプ劇場の茶番
【お詫びとお知らせ】 
大阪府を中心とする地震の影響によるお届けの遅延について

定期購読者の皆様へ

日頃より『ニューズウィーク日本版』をご購読いただきまして誠にありがとうございます。
さて、6月18日朝に発生した、大阪府を中心とした地震による、通行止めなどの交通規制や道路渋滞などの影響で 大阪府を中心に『ニューズウィーク日本版』のお届けに遅れが生じる可能性がございます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

CCCメディアハウス
読者サービスセンター
0120-467-489 平日9:30〜17:30
【PERISCOPE】
InternationaList
RUSSIA W杯中の「性」について議員が激論
MACEDONIA 国名変更に活路を求めるマケドニア
UNITED STATES 対中貿易戦争が経済の首を絞める
FRANCE テロ現場でムスリムラッパーが歌えるか
NORWAY ノルウェーが駐留米軍を増やす意味
BY THE NUMBERS 環境規制撤廃が招く死
WORLD CUP W杯を再び開催する米サッカーの現在地
TAIWAN 蔡政権の対中政策に初の審判が下る日
ARGENTINA 最初の壁を越えた南米女性の戦い
CANADA トランプでもG7サミットはぶち壊せない
Asia
JAPAN トランプ時代のG7で最大の犠牲者は日本
U.S. Affairs
更迭バノンがまさかのカムバック?
「トランプの小切手帳」にメスが
【FEATURES & ANALYSIS】
サッカー プロパガンダさ、ロシアW杯は
諜報機関 偽ニュース時代のスパイは事実を語れ
メディア アジアの欧米特派員はセクハラ男だらけ
社会 男性優位の社会で沈黙の掟と戦う
中央アフリカ 解放後も続く少年兵の苦難
SNS ティーンの間に広がるフェイスブック離れ
カルチャー ミス・アメリカ2.0の自己矛盾
大自然 スーパー火山のエネルギー源を探れ
【LIFE/STYLE】
Music 天才が追い求める虚栄のかがり火
Cosmetics 健康な目はメークオフから
Fashion S・ウィリアムズが壊す悪しき伝統
Movies 虐待疑惑アレンの「自己弁護」映画
Art ゴッホのひまわりが枯れていく?
Art 銃弾アートが突き付けるアメリカの闇
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国大学受験のずるい抜け道
Picture Power 出戻りアフガン難民の孤独

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!