Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.7. 3号(6/26発売)

特集:中国よりもおそロシア

2018年7月 3日号(6/26発売)

Cover Story

台頭する中国の陰で牙を研ぐ謀略家プーチン ロシアが狙う新たなターゲットは何か

世界秩序 おそロシアが秘めた戦略
ロシア 「あと6年」プーチンの次の戦場
■勢力圏 ロシアの新たな軍事目標
同盟 魂の友はハンガリーにいる
スパイ 相次ぐ暗殺は情報機関の暴走説
■権力 暗殺、亡命、贅沢三昧……独裁者の最期は
視点 制裁でプーチンを改心させられるのか

貧困が幼い脳の成長を蝕む

科学 貧しい環境と脳の発達には深刻な相関関係があることが明らかに
米軍 肥満度を決める出身地の「貧しさ」
社会 貧しい人々が政治に冷淡な理由
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 電撃訪問メラニアの驚愕メッセージ
UNITED STATES 米ロ会談を熱望するトランプの危うさ
UNITED NATIONS 国連人権理事会を去る国、来る国
HUNGARY オルバンの反移民策はトランプの手本?
NORTH KOREA 過激な反米グッズが北朝鮮から消えた
VENEZUELA ベネズエラ軍が市場を取り締まり
SAUDI ARABIA サウジがカタールを本当に孤島化
CHINA 一帯一路に日本が距離を置くべき3つの理由
Asia
CHINA 北朝鮮への影響力を中国は過信できない
U.S. Affairs
アメリカの不法移民問題はどうなるのか
Business
貿易戦争の勝者は貿易戦争をしない国
【FEATURES & ANALYSIS】
改革 ファッション解放、サウジの女子力革命
中東 小王国ヨルダンの奇妙な生存能力
エッセー 日系人収容の悪夢がいま甦る
ジェンダー 自由を求め続ける86歳の女闘士
航空 旅客機が遠隔ハイジャックされる日
宇宙 プラネット・ナイン実在説に新証拠
【LIFE/STYLE】
Art ド派手特別展が美術館を破壊する
Food ポップコーンの意外な危険にご用心
Movies ファンを見くびった若きハン・ソロ映画
Music ソウルの新星はノスタルジアを超える
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「移民の子さらい」トランプに注意!
Picture Power 絶滅危惧種が織りなす人間模様

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!