Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.5.29号(5/22発売)

特集:交渉の達人 金正恩

2018年5月29日号(5/22発売)

Cover Story

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

北朝鮮 「交渉の達人」金正恩が世界を翻弄する
米朝関係 北朝鮮の罠に落ちたトランプ
米外交 韓国とイスラエル、それぞれの操縦術
視点 拉致問題を抱える日本のジレンマ

少年は筋肉の見果てぬ悪夢を追う

社会 男子のマッチョ志向に潜む弊害は意外に注目されていない
ヘルス LGBTの美意識が摂食障害を招く
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN ロイヤル婚は全額王室持ちでどうぞ
ITALY 「五つ星運動」創設者が語る政治の大転換
RUSSIA シリアで撃破のロシアMDに疑問符が
CHINA トランプへの融資と制裁緩和の関係
BY THE NUMBERS アジア太平洋でアメリカに迫る中国
EUROPE 欧州企業と核合意のピンチを救えるか
JAPAN 「蚊帳の外」日本とロシアに秘策あり
UNITED STATES ハワイ噴火でも強気のゴルファー
LIMOUSINE 米ロ大統領専用車対決、勝つのは?
BRAZIL ISISの影がブラジルでもうごめく
U.S. Affairs
ワシントンの精神をトランプに見習わせたい
Obituary
トム・ウルフが遺したもの
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 強権ネタニヤフの真意は
環境 「幸せの国」ブータンの不都合な真実
治安 なぜイタリアはテロと無縁なのか
テクノロジー 批判抜きでテスラを語ると
科学 種子の方舟は人類を救うか
医療 夢のペプチドが歯をよみがえらせる
【LIFE/STYLE】
Movies こだわり監督『犬ヶ島』の独創世界
Gadgets 愛犬家も安心で大満足のスマート首輪
Relationship ミレニアル世代で進む草食化
Games ツイッチで一変したゲームの楽しみ方
Health 水中でないのに溺れる「乾性溺水」
Media 権力の嘘を暴くデジタルジャーナリズム
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 大震災で政府に感謝を迫る国
Picture Power 電磁波の恐怖から逃れて

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    親子喧嘩の平均回数は年間2148回! 口論の原因と親…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!