Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.6. 5号(5/29発売)

特集:米朝新局面 今後のシナリオ

2018年6月 5日号(5/29発売)

Cover Story

首脳会談を中止発表したトランプ、そして金正恩の真意は──。武力衝突から再度の歩み寄りまで、今後のシナリオを検証

米外交 振り出しに戻る米朝、その先のシナリオ
分析 5つのポイントで「米朝決裂」を読み解く
北朝鮮 キャンセルされても平気な理由
視点 ド素人トランプの危険な迷走外交
東アジア 火種は半島だけでなく海峡にもあり
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 核実験場の廃棄はPR戦略?
CHINA 中国「音響攻撃」説は本当か
UNITED STATES 会談中止でも記念コインは販売中
UKRAINE ミサイル提供とトランプの黒い関係とは
BY THE NUMBERS 教育ママ・パパが新興国に多い理由
RUSSIA 海に浮かぶ原発は現代のタイタニック?
GERMANY ヒトラーの生存説に終止符が
RUSSIA 中国の北極海支配に日ロで対抗せよ
INDONESIA ラマダンで高まる信仰心とテロ警戒
Asia
TAIWAN ささやかれる台湾「武力統一」の現実味
U.S. Affairs
NFL国歌斉唱バトルはトランプが完勝
Business
仮想通貨ではびこる価格操作にメスが
ミレニアル世代は破産予備軍
【FEATURES & ANALYSIS】
トルコ エルドアンは巨大インフラ病
軍需産業 中国軍用ドローンが世界を制する日
欧州 ポーランドが封じる「黒歴史」
ドイツ 歴史ドラマが修正する過去
中東 イスラエルを逃げ出す頭脳
心理 視線は口よりもものをいう?
【LIFE/STYLE】
Movies 女子の痛さと懐かしさ『レディ・バード』
Movies 女性監督が映画仲間に伝えたいこと
Health 「プチ断食」は本当に健康にいい?
Health 良いカロリー、悪いカロリー
Music ヒット曲を作り出す方程式
Music 超自然体ガールズバンドに世界が夢中
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire エルサレム首都承認で中東大炎上
Picture Power 若い個性が芽吹く新生キューバ

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!