Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.6. 5号(5/29発売)

特集:米朝新局面 今後のシナリオ

2018年6月 5日号(5/29発売)

Cover Story

首脳会談を中止発表したトランプ、そして金正恩の真意は──。武力衝突から再度の歩み寄りまで、今後のシナリオを検証

米外交 振り出しに戻る米朝、その先のシナリオ
分析 5つのポイントで「米朝決裂」を読み解く
北朝鮮 キャンセルされても平気な理由
視点 ド素人トランプの危険な迷走外交
東アジア 火種は半島だけでなく海峡にもあり
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 核実験場の廃棄はPR戦略?
CHINA 中国「音響攻撃」説は本当か
UNITED STATES 会談中止でも記念コインは販売中
UKRAINE ミサイル提供とトランプの黒い関係とは
BY THE NUMBERS 教育ママ・パパが新興国に多い理由
RUSSIA 海に浮かぶ原発は現代のタイタニック?
GERMANY ヒトラーの生存説に終止符が
RUSSIA 中国の北極海支配に日ロで対抗せよ
INDONESIA ラマダンで高まる信仰心とテロ警戒
Asia
TAIWAN ささやかれる台湾「武力統一」の現実味
U.S. Affairs
NFL国歌斉唱バトルはトランプが完勝
Business
仮想通貨ではびこる価格操作にメスが
ミレニアル世代は破産予備軍
【FEATURES & ANALYSIS】
トルコ エルドアンは巨大インフラ病
軍需産業 中国軍用ドローンが世界を制する日
欧州 ポーランドが封じる「黒歴史」
ドイツ 歴史ドラマが修正する過去
中東 イスラエルを逃げ出す頭脳
心理 視線は口よりもものをいう?
【LIFE/STYLE】
Movies 女子の痛さと懐かしさ『レディ・バード』
Movies 女性監督が映画仲間に伝えたいこと
Health 「プチ断食」は本当に健康にいい?
Health 良いカロリー、悪いカロリー
Music ヒット曲を作り出す方程式
Music 超自然体ガールズバンドに世界が夢中
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire エルサレム首都承認で中東大炎上
Picture Power 若い個性が芽吹く新生キューバ

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!