Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.5.22号(5/15発売)

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018年5月22日号(5/15発売)

Cover Story

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

朝鮮半島 統一朝鮮は日本のリスクか
経済 平和の配当が半島を潤す?
視点 「中国外し」を習近平は恐れる
日本外交 地域秩序の大変動に備えよ

ヘンリー結婚で王室は変わるか

イギリス メーガン・マークルとの結婚は王室が社会に追い付いた証拠?
インタビュー ダイアナの教えを守って
【PERISCOPE】
InternationaList
ISRAEL イラン・イスラエルの衝突は戦争へ?
UNITED STATES トランプから有能な人材が逃げる
RUSSIA ロシア軍の最新ハイテク兵器が続々登場
UNITED STATES 米軍家族への脅迫者はロシアハッカー
PORTUGAL ポルトガルを悩ます性別変更
CONGO エボラ対策費削減は「オバマつぶし」
GERMANY ドイツ人があがめるのはマルクス像か
ITALY ローマで頻発するバス火災の原因は
TURKEY エルドアンに対峙する「クルドのマンデラ」
Asia
MALAYSIA 歴史的選挙でマレーシアはどう変わる
U.S. Affairs
CIA長官候補ハスペルのはぐらかし戦術
【FEATURES & ANALYSIS】
米外交 無責任トランプの核合意離脱
核合意 イランはアメリカを二度と信用しない
人権 トルコの反体制派狩りは続く
医学 人類最良の友が人類を癌から救う?
比較 猫を使った研究がはるかに少ない理由
海洋 海の知られざる水域は新種の宝庫
【LIFE/STYLE】
Movies 涙と笑いが交錯する氷上スキャンダル
Movies 『フロリダ・プロジェクト』の魔法のラスト
Health スーパー80歳は細胞が違う
Health お手軽な新生児DNA検査に潜む危険
Music 寒い国からやって来た熱過ぎるパンク魂
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 失言続きの弁護士ジュリアーニ
Picture Power 現代に残る「最後のソ連」ベラルーシ

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 7

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 10

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!