Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2016.3.15号(3/ 8発売)

特集:創刊30周年特別企画 国際情勢入門 UNITED STATES 病める超大国

2016年3月15日号(3/ 8発売)

Cover Story

トランプ躍進など想定外の展開が続くアメリカ大統領選──。その背後に潜む米社会の難問や新潮流を読み解く基礎知識

狂気の大統領選とアメリカの異常事態
■候補者 カオス過ぎる選挙戦を戦う面々
■大統領選 いつもと違う? 大統領への道
■争点 知っておきたい米社会を分断する5つの争点
若者 変化の嵐を起こすミレニアル世代ってどんな人たち?
経済 イエレンを悩ませる2つのジレンマ
実績 オバマ外交が残す不確実な遺産
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

創刊30周年 特別企画 国際情勢入門 UNITED STATES 病める超大国


nwe0315_24_25.jpg
【PERISCOPE】
InternationaList
GREECE 出口なき難民の怒りが爆発
UNITED STATES 共和党指名争いはフロリダを待て
SOUTH AFRICA 南アの大学を揺さぶる過激学生デモ
GERMANY ドイツ極右政党を非合法化すべきか
FRANCE 東京五輪招致の不正にメスが入る?
GLOBALIZATION ハリウッドの独り勝ちが終わる
RUSSIA 新世代と「ソ連根性」の対立
SYRIA 停戦シリアに訪れた平穏はいつまで続くか
Asia
CHINA 中国は大量解雇に耐えられるか
MACAU 本土からのVIP減でカジノ経済がピンチ
Business
アマゾンがあなたの家に司令塔を送り込む
Offbeat
ラグビーの母国で「タックル禁止」の波紋
クリスティーはトランプの人質?
People
今年のアカデミー賞をにぎわせた6人
【FEATURES & ANALYSIS】
軍事 南シナ海「軍事化」中国の真意は
視点 「中国牽制」アメリカの切り札はインド
分析 世界経済の新たな危機管理
欧州 「反イスラム」が英国の民意に?
フィリピン イメルダのお宝が語る腐敗の深さ
自動車 普通のエンジンをエコにお手軽改造
【LIFE/STYLE】
Architecture さらば、中国のへんてこ建築ブーム
Books 第3の言語が私にもたらした自由
Sports 男もうらやむ肉体自慢スポルノセクシャル
Movies 色鮮やかな友情物語『アーロと少年』
Movies 老ゲイカップルのどたばた悲喜劇
Movies 麻薬王『エスコバル』は悪魔か聖人か
【Picture Power】
5年後の被災地が直面する現実
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中