Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2016.1.26号(1/26発売)

特集:東京五輪は救えるか

2016年1月26日号(1/26発売)

Cover Story

伝説の64年東京大会にも実はドタバタ劇があった──。スタジアム問題で揺れる20年大会が学ぶべき「教訓」

オリンピック 64年東京五輪の教訓を今こそ
コスト 五輪はもはやお荷物なのか
提言 ドタバタ茶番劇と化す五輪騒動の本質
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

トランプ人気は中国のおかげ?

米大統領選 「暴言王」人気を招いた産業空洞化を無視するツケ

保守化する「反北朝鮮」世代

韓国 若者の間に広がった新たなナショナリズムで南北の緊張が激化する
【PERISCOPE】
InternationaList
SWITZERLAND ダボスに影を落とす新興国の暗い未来
VIETNAM ベトナム指導者選びに見え隠れするあの国
BRITAIN 「英語ができない移民追放」の真意
PAKISTAN 大学襲撃で割れるタリバン
TAIWAN 次期総統が打った中国封じの第一手
CHINA 中国経済「信頼の危機」が不安をあおる
RUSSIA 原油暴落で縮小するロシア
PHILIPPINES ISISが「侵食」する島の不安
U.S. Affairs
サンダースが悩む「人種問題」
ウォール街を非難する有力候補者たちの二枚舌
Sports
八百長疑惑とテニス協会の怠慢
People
「 白いオスカー」ボイコットは間違い
グレン・フライが遺した名言と人生哲学
【FEATURES & ANALYSIS】
解説 世界の株式市場に冬の時代が
外交 米イラン関係はすぐ凍り付く?
パレスチナ インティファーダは防げるか
社会 ブラジル治安部隊が壊したスラム街の秩序
エネルギー 太陽光発電に賭けるインド
新技術 3D新素材で宇宙ロケットを造る
【LIFE/STYLE】
Toys バービー、私の秘密をバラさないで!
Fitness にわか健康オタクが増えるとき
Movies デップ新境地の『ブラック・スキャンダル』
Movies 名優フリーマンはかっこよく年を取る
Heritage 建築の粋、19世紀の精神科病院
Music 業界も大注目のスター候補生
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中