Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.1.26号(1/19発売)

特集:中国経済の危機管理

2016年1月26日号(1/19発売)

Cover Story

導入したばかりの株式市場の「安全装置」も数日で撤廃
世界を疑心暗鬼にさせる中国政府の稚拙な経済マネジメント

経済 お粗末すぎた中国当局の危機管理
人民元 市場を混乱させる人民銀行の「沈黙」
分析 ソ連化する「中国の悪夢」

地球を去った孤高のアーティスト

中国市場 中国の減速が世界経済とアジア市場を道連れにする恐れも?
為替 当局の元安誘導に市場は大慌て
予測 金融危機再来?中国以外の4つの火種
【PERISCOPE】
InternationaList
INDONESIA ISISの脅威が東南アジアに広がる?
TAIWAN 初の女性総統を待つバラ色でない未来
SOUTH KOREA 中国への苦情は場当たり外交か
BRITAIN EU離脱リスクで揺らぐポンドへの信頼
GERMANY 『わが闘争』再出版に注文殺到のなぜ
GERMANY 難民排斥の嵐がドイツを襲う
POLAND EUの頭痛の種は独裁に傾くポーランド
TAIWAN 中国の島という幻想を砕いた「血」
UNITED STATES オバマに突き付けられた最終課題
U.S. Affairs
「暴言王」に乗るしかない共和党主流派の憂鬱
オバマ「最後の年」の大抱負
余裕の態度の裏で焦る本命クリントン
Business
米アルジャジーラ撤退の真実
スマートウオッチで暗証番号がばれる!
People
ゴールデングローブ賞で飛び出した名言・珍言、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
解説 原油はどこまで下落するのか
市場 イラン産流入で原油価格はもっと安くなる
経済改革 石油依存サウジの治療は待ったなし
ロシア プーチンが築く「暴君の劇場」
動物保護 戦火の中に捨てられた猫たち
新製品 バーチャルグラスで未来をのぞく
新技術 まだある!今年の注目株
【LIFE/STYLE】
Books こんまりの魔法に見る「生と死」
Travel NYへ遊びに行くなら1月に
Movies 大人も魅了する『パディントン』の大冒険
Work 花の在宅勤務が万人に向かない理由
Theater ドラッグクイーンと児童演劇が合体したら
Food 鬼才コンビのデザートを召し上がれ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 9

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!