Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2015.1.20号(1/14発売)

特集:日本の和食、世界の和食

2015年1月20日号(1/14発売)

Cover Story

「世界遺産」に登録され、海外で空前のブームが続く和食だが
日本国内では伝統を受け継ぐ仕組みが危機に瀕している

食文化  日本の和食、世界の和食

■日本酒 世界を目指すSAKEの挑戦

■視点 和食文化の神髄を守り続けるべきだ

アメリカ 本物に近づく海外和食

■世界 和食だけじゃない食の世界遺産

フランス ワインの聖地に学ぶ伝統の守り方

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
PERISCOPE
InternationaList
THE UNITED STATES 
    3選ベイナーが身内から嫌われる訳
GERMANY 一般市民を取り込むドイツの極右
NIGERIA ボコ・ハラムが大統領選を脅かす
VENEZUELA 原油急落でベネズエラが破綻寸前
SIERRA LEONE エボラ熱の猛威は収まったのか
FRANCE テロで高まる「極右大統領」の現実味
SAUDI ARABIA 国王交代でサウジは不安定化?
AFGHANISTAN 
    アフガニスタンの戦争は終わらない
Asia
CHINA 巨額の景気刺激策は焦りの表れ
NORTH KOREA 
    ハッキングで北朝鮮が残した「足跡」
U.S. Affairs
NY「犯罪激減」でも深刻な警官のサボり蔓延
Business
水素燃料電池車のアメリカ普及は遠い?
ユーロ圏の量的緩和は秒読みへ
炭酸飲料離れで沈むコカ・コーラの逆襲
People
アンドルー王子の少女買春疑惑が呼ぶ波紋、ほか
FEATURES
銃撃事件 フランスの衝撃、フランスの不屈
分析 極右と左派が陥る偽善の落とし穴
メディア 「表現の自由」の美名に隠れた憎悪
南シナ海 中国の領海戦略が変わる
ロシア ルーブル急落で世界が苦しむ
情報操作 息を吹き返した冷戦のスパイたち
オーストラリア 「招かれざる客」を追い払え!
CULTURE
Movies 私がホーキング博士に恋したわけ
Theater セクシー女優から貫録の舞台人へ
Gadget 自分の腕がスマホに変身!
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中