コラム

サウジ記者殺害事件と海南航空不審死をつなぐ「点と線」

2018年11月02日(金)12時49分

そして、この2つの事件に関わっているのが郭文貴だ。郭によれば、孟の失踪後、妻がフランスで顔を隠して会見したが、彼女に会見するよう電話で指示したのは彼だという。孟が中国に帰った後に一度自殺を試みたという情報があるが、これも郭が明かしてくれた。郭はサウジアラビアのムハンマド皇太子の叔父とも仲が良く、かつて大きな投資をたくさんしていた。郭がまだ外部にしゃべっていないサウジの秘密はおそらくたくさんある。

郭文貴はアメリカのトランプ政権にも影響を与えている。アメリカでは今、中国共産党がシンクタンクや大学に資金提供して中国政府寄りの態度を取るよう図っていたことが問題になっているが、テキサス大学オースティン校への「工作」を暴いたのは郭だ。

トランプ政権による中国との貿易戦争にも郭は「指示」を与えている可能性がある。ペンス副大統領が10月4日、ワシントンの保守派シンクタンクであるハドソン研究所で中国に対する「宣戦布告」とも評される厳しい演説をした。考えてみれば、副大統領が民間のシンクタンクで外交的に重要な演説をするのは少し変だ。

実はこの演説、トランプ政権と郭が組んで実現したのだという。演説のちょうど1年前の同じ日、郭がここで講演する予定だったが、なぜか突然、中止に追い込まれた。その時、郭の提案で1年後にペンスが講演することが決まった、というのだ。

「暴露王」郭文貴は嘘つきなのか?

日本の安倍首相は先日、たくさんの日本人ビジネスマンを引き連れて7年ぶりに訪中し、李克強首相や習近平国家主席と会談した。両国間で「第三国での経済協力」が確認されたが、これは事実上、中国の一帯一路構想を日本が受け入れたものだ。中国の独裁政権に資金提供することをトランプ政権は強く牽制している。アメリカが本気で仕掛けている貿易戦争のせいで、中国経済は減速を始めた。これから中国は厳しい時代を迎えるだろう。失速が始まった独裁国家の中国に、あえて入れ込もうとする安倍首相のやり方が正しいとは思えない。

暴露する情報が「玉石混交」だと、郭文貴を批判する人はいまだに多い。確かに郭は単なる民主活動家やジャーナリストでなく「政治家」だ。しかし、彼の暴露情報が王岐山や海南航空の運命を変えたのは事実だ。郭の言葉に、わが安倍首相も一度耳を傾けたほうがいいのではないかと進言しておく。

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

日経平均反落、円高嫌気し大幅安 引けにかけ戻す

ビジネス

ドル107円後半、株安でじり安

ビジネス

シンガポール中銀、予想通り金融政策を緩和 深刻な景

ビジネス

東電HD、20年3月期に災害特損3500億円計上へ

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 2

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 5

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

  • 10

    【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 6

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!