コラム

デンマーク首相が路上で殴られる...「気に入らない政治家」への襲撃が相次ぐ欧州で何が起きている?

2024年06月08日(土)17時46分
路上で襲撃されたデンマークのフレデリクセン首相

デンマークのフレデリクセン首相(2024年5月) Sergii Kharchenko via Reuters Connect

<コペンハーゲンの路上でフレデリクセン首相が襲われた。スロバキアやドイツなど、欧州各国で襲撃事件が続く背景に何があるのか>

[ロンドン発]スロバキアの首都ブラチスラバ北東で5月15日、ロベルト・フィツォ首相が拳銃で銃撃されたのに続いて6月7日、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相がコペンハーゲンの路上で襲われた。欧州連合(EU)欧州議会選(6月6~9日)の最中だけに緊張が高まる。

コペンハーゲン警察はX(旧ツイッター)に「7日夕、コペンハーゲンで首相が事件に巻き込まれた。1人が逮捕され、現在捜査中だ。現時点でこれ以上のコメントや発言はない」と投稿した。目撃者は地元メディアに「フレデリクセン首相に目立ったケガはなかった」と証言している。

デンマークでは6月9日に欧州議会選の投票が行われる。フレデリクセン首相はデンマーク政界で圧倒的な存在感を示しており、次期EU大統領(首脳会議常任議長)の呼び声も高い。中道政治が弱体化し、保守とリベラルの二極化が進む中、欧州各地で政治テロが相次ぐ。

極右政党の支持者は「今や完全に抑制を失った」

5月3日には、欧州議会選に立候補しているドイツ社会民主党(SPD)のマティアス・エッケ議員(現職)が独東部ザクセン州ドレスデンで若者4人から暴行を受け、手術を要する重傷を負った。同月5日に17歳の少年が「自分がSPDの政治家を刺した」と出頭した。

SPDは声明で極右政党「ドイツのための選択肢」について「彼らの支持者は今や完全に抑制を失っており、私たちSPDを格好の標的とみなしているようだ」と非難した。ドイツ再統一で産業空洞化が進むザクセン州は「ドイツのための選択肢」の主要地盤の一つだ。

6月4日には独南西部マンハイムで「ドイツのための選択肢」の政治家がカッターナイフで男に刺された。SPDを率いるオラフ・ショルツ独首相は「民主主義はこのような行為によって脅かされている。『対立の政治』の空気や言説から生じている」と述べた。

地雷原をさまよう欧州政治

ドイツでは昨年「ドイツのための選択肢」議員への暴力的な攻撃は86件にのぼった。左翼過激主義を支持する加害者が多かった。90年連合・緑の党議員に対する暴力的な攻撃も62件起きている。インフレ、ウクライナ戦争、ガザ戦争で欧州政治は地雷原の中をさまよう。

フレデリクセン首相に対する襲撃事件について、欧州議会のロベルタ・メツォラ議長はXへの投稿で「今夜のデンマーク首相に対する攻撃は衝撃的だ。政治に暴力は存在すべきではない。強くあれ、メッテ!」と呼びかけた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story