コラム

いつしか人命より領土を重視...「政治家」ゼレンスキー、「軍人」サルジニー総司令官の解任で戦争は新局面に

2024年02月10日(土)15時51分
領土奪還にこだわるウクライナのゼレンスキー大統領

領土奪還にこだわるウクライナのゼレンスキー大統領(2023年12月) paparazzza/Shutterstock

<戦況が膠着状態に陥ったことを認めるザルジニー総司令官と、ゼレンスキー大統領の路線対立はあらわになっていた>

[ロンドン発]ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は2月8日、「本日、軍指導者を刷新することを決定した」としてワレリー・ザルジニー総司令官を解任し、後任にオレクサンドル・シルスキー陸軍司令官を任命した。領土奪還にこだわる政治家ゼレンスキー氏と、膠着状態に陥ったことを認める軍人ザルジニー氏の路線対立があらわになっていた。

間もなくロシア侵攻から3年目を迎えるに当たり、ゼレンスキー氏は「私たちは最初の1年を耐え抜いた。2年目、黒海と冬を制し、空を再び支配できることを証明した。しかし残念なことに陸では目標を達成できなかった。南部方面での停滞、東部ドネツク州での戦闘の困難さが国民のムードに影を落としている。勝利を口にするウクライナ人は少なくなった」と振り返った。

総司令官を代えるに当たり、ゼレンスキー氏は以下の改善を求めた。
・ウクライナ軍の現実的で詳細な行動計画
・西側から提供された兵器を第一線の戦闘旅団に公平に配分
・ドローンがどこの倉庫に保管されているかを把握して兵站の問題を解決
・すべての将軍が前線経験を持つよう配置
・司令部の過剰人員を整理
・効果的なローテーションを確立
・訓練された兵士だけを最前線に配置

「今年を重要な年にしなければならない。戦争におけるウクライナの目標を達成するための重要な年に。ロシアは独立したウクライナの存在を受け入れることはできない。この2年の経験から平和を引き寄せることができるのはロシアの敗北だけだと確信している」とゼレンスキー氏はロシア軍に占領されている東部、南部、クリミア半島奪還への決意をにじませた。

いつしか人命より領土が重視されるようになった

西側から主力戦車、装甲戦闘車、精密誘導弾、巡航ミサイル、地雷除去機の提供を受け、開始した昨年6月の反攻について現地で戦闘外傷救護の指導に当たる元米兵は筆者に「6週間で大きな局面を迎える」と楽観的な見通しを示していたが、不発に終わった。ロシア軍の分厚い地雷原を破れず、立ち往生したウクライナ軍部隊は大打撃を受けた。

ウクライナ軍は100人単位の戦闘には慣れているが、訓練不足のため機甲師団による大規模な電撃戦で墓穴を掘った。

英誌エコノミスト(8日付)は「ザルジニー解任は戦争の重要な新局面となる。残念だが、ゼレンスキーは誤りを犯す危険がある」と警告している。ザルジニー総司令官が就任したのは戦前の2021年7月。北大西洋条約機構(NATO)基準の導入に前向きだったザルジニー総司令官は軍に巣食うロシア的体質を一掃する格好の人物だった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

香港の23年人口750万人、前年比+0.4% コロ

ワールド

台湾周辺の軍事情勢に異常なし、離島への配備強化せず

ワールド

税務担当者の苦労、申し訳ない気もする=政治資金問題

ビジネス

中国の銀行、「ホワイトリスト」事業に170億ドルの
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story