コラム

英国民はなぜ「英国のオバマ」スナク新首相が嫌い? 党と経済の立て直しには最適だが

2022年10月25日(火)11時18分
リシ・スナク

保守党本部前で手を振るリシ・スナク新党首 Henry Nicholls-Reuters

<スナク氏の保守党党首選出の背景には、ドロドロの党内抗争と深刻な国民の分断が。「ディズニーの王子様」は敗戦処理に終わるか、救世主になれるか>

[ロンドン発]財源なしの大型減税で市場を大混乱させたリズ・トラス英首相の辞任を受けた保守党党首選で24日、同党下院議員の過半数に支持されたリシ・スナク元財務相(42)が無投票で党首(新首相)に指名された。非白人、アジア系、ヒンズー教徒が首相になるのは英国史上初めて。経済政策通のスナク首相の誕生で英国国債金利は落ち着きを見せた。

カリブ海での家族休暇を切り上げて英国に帰国したボリス・ジョンソン前首相はスナク氏に「ジョンソン首相、スナク財務相」の復活を持ちかけたが、スナク氏に拒否され、立候補を見送った。「最もセクシーな下院議員」ことペニー・モーダント下院院内総務は立候補の意志を表明したものの、100人の推薦人を集められず、締め切り2~3分前に撤退した。

スナク氏は党の勝利演説で「英国は素晴らしい国だ。しかし深刻な経済的課題に直面しているのは間違いない。私たちは今、安定と団結を必要としており、私は党と国を一つにすることを最優先にする。それこそが私たちが直面する課題を克服し、子供たちや孫たちのためにより良い、より豊かな未来を築く唯一の方法だからだ」と呼びかけた。

筆者はこの日午後、首相官邸前でスナク氏の首相就任演説を見届けようと待ち構えたが、空振りに終わった。25日午前に行われることになったからだ。拍子抜けした。市場や国民を安心させるためスナク首相が一刻も早く首相官邸前から政権構想を示すと考えていたからだ。しかしスナク氏は国民の安心より、分断する党の融和を優先させた。

「ディズニーランドの王子様」のサクセスストーリー

2016年、欧州連合(EU)国民投票で離脱派に敗れた残留派デービッド・キャメロン首相が辞任。19年、EU離脱交渉を混乱させた責任を取ってテリーザ・メイ首相が辞任。今年9月、ジョンソン首相が保身のウソで墓穴を堀って辞任。10月、トラス首相が市場を混乱させた責任を取って辞任。日本のように首相が猫の目のように変わる背景に党内の深刻な分断がある。

スナク氏は勝利演説の前、保守党下院議員に対し「生活費の危機の中で国民の優先事項を実現することに集中する。保守党は団結するか、それとも滅びるかだ」と釘を刺した。政党支持率で保守党は最大野党・労働党に最大39ポイントのリードを許す。保守党の支持率が14%まで下がるのは初めてのことだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:弱まるドル/円の反発力、米利上げ減速観測 日

ワールド

ペルー議会、カスティジョ氏罷免 副大統領が初の女性

ビジネス

米テスラ、タイで販売に参入 2車種発売

ビジネス

米石油大手シェブロン、来年の設備投資予算を2桁増1

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 10

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中