コラム

「私の主人はプーチンではなくルーブルだ」 プーチンと対立したロシア元石油王の闘争

2022年04月07日(木)17時52分

03年、ホドルコフスキー氏は石油会社シブネフチを買収してユコスと合併し、世界最大級の石油メジャーを設立する計画をぶち上げた。これがプーチン氏の逆鱗に触れ、同年末にホドルコフスキー氏は詐欺と脱税の疑いで逮捕された。「悪いオリガルヒの象徴」とされ、05年に禁錮9年でシベリア送りになった。結局、13年末に母親の体調不良を理由に釈放された。

ホドルコフスキー氏は共産党青年組織コムソモールで頭角を現し、ゴルバチョフ時代の民営化に乗じてソ連崩壊後のロシアで初の民間銀行をおこすなどさまざまな起業を手掛けた。1995年に約3億5千万ドルで買収したのがロシア第2の石油会社ユコスだった。150億ドル以上の資産を作ったホドルコフスキー氏はエリツィン氏の資金源の1人になった。

「冷酷なオリガルヒから自由の闘士に変わった」

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの『共産党宣言』と革命家ウラジーミル・レーニンに別れを告げたホドルコフスキー氏はただのカネの亡者ではない。英誌エコノミストは「彼が守っているのは失われつつあるビジネスではなく、人権なのだ。無法地帯の中で冷酷なオリガルヒから自由の闘士へと変貌を遂げた」(2010年4月)と称賛した。

筆者がホドルコフスキー氏と握手したのは15年2月、英シンクタンク、王立国際問題研究所(チャタムハウス)で開かれた討論会後のレセプションだった。「プーチン氏にとって新しい世界秩序の国境はどこなのか」と尋ねると「彼が欲しいのはウクライナ東部にとどまらない。旧ソ連諸国なのか、旧ソ連圏諸国を含むのか、彼の真意は分からない」と答えた。

220407kmr_rmp02.jpg

筆者の質問に応じるホドルコフスキー氏(2015年2月、筆者撮影)

今回、ロシア軍の死者が7千~1万5千人も出ていると推定されていることについて、ホドルコフスキー氏はZOOMを通じて「ロシアにおける人権の価値は他国ほど高くはない。ウクライナ侵攻で犠牲になったロシア兵は北コーカサスや小さな村からかき集められた若者だ。プーチンはカネをばらまいて口を封じている。しかしそれも長くは続かない」と話した。

「いくらプーチンといえども20万人の徴兵や予備役を戦場に送るのは政治的に非常な困難を伴う。100万人を集めることもできるだろうが、都市がまるごと棺桶に入るような大きな犠牲は2024年に大統領選を控えるプーチンにとって深刻な問題になる。世論調査の支持率が80%を超えているのは、そうした人たちだけが調査に答えているからだ」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中