コラム

日ロ首脳会談は「顔つなぎ」、北方領土問題の解決は難しい

2017年09月06日(水)11時10分
日ロ首脳会談は「顔つなぎ」、北方領土問題の解決は難しい

恒例行事化した日ロ首脳会談(4月、モスクワ) Sergei Karpukhin-REUTERS

<共同経済活動を夢見る日本にロシアから冷や水が......北朝鮮制裁すら抜け駆けするプーチンをどう諭すのか>

9月6~7日、ロシア極東のウラジオストクで恒例の東方経済フォーラムが開かれ、これまた恒例の日ロ首脳会談が行われる。安倍晋三首相とプーチン大統領が会うのは今年3回目。半年後に大統領選を控えるプーチンが領土問題で譲れるはずもなく、会談は顔つなぎでしかない。

安倍首相に力があるときだったら、首脳会談をめぐる報道は好意的、前向きとなっただろう。だが加計学園問題以来、流れは逆となり、今やあら探しに鵜の目鷹の目。今度の会談で目を付けられる「あら」は何だろう。

まず「北朝鮮の核ミサイル開発に、ロシアは技術や情報を提供している。最近は石油製品の輸出も増やして、北朝鮮制裁の抜け駆けをしている」という日本の懸念をどこまでプーチンに伝え、変化させられるか。

もう1つは、日ロで共同経済活動を話し合っているときに、北方4島を対象とした「経済特区」設置を8月23日にメドベージェフ首相が決定したのは信義に反するのではないか、という日本の怒りをプーチンに伝え、落とし前をつけさせるかどうか。

しかし、首脳会談ではこちらの要求事項リストをむやみに増やすべきではない。外交はギブ・アンド・テーク。向こうに非があっても先方はそれを認めず、改めさせようとすれば代償が求められる。日本があえて代償を払ったところで、事態はさして変わるまい。であれば、この首脳会談での「解決」は狙わず、場外で一方的に日本の立場を発信していくほうが、うまいやり方ではないだろうか。

中国が北朝鮮に圧力をかけていてもロシアが帳消しにする行動を取れば、中国は怒るだろうしロシアの信用は地に落ちる。日本は官民そろって、ロシアの抜け駆けをどんどん暴き、世界に知らせていったらいい。

北方領土の経済特区についても、ロシアが島を実効支配している以上、日本は止められない。

【参考記事】ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

「後期高齢者」の行く末

日本はこの件で声を上げても、ロシアのマスコミは「日本のヒステリー」と報じ、ロシア国民の対日感情を悪化させるだけだ。それよりも首脳会談の場や場外で、「日ロの共同経済活動のために、経済特区のような発想をさらに推し進めよう」と言っていればいいことだ。

むしろ今回の首脳会談の問題は、両首脳の足場が以前より弱くなっていることにある。安倍首相は来年秋に自民党総裁に再選されない可能性も出てきたし、プーチンも欧米で言われるほど強くはない。むしろ逆で、原油価格が長期低迷するなかでロシア経済はお先真っ暗だ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!