コラム

今度は元慰安婦の賠償請求却下、韓国では一体何が起こっているのか?

2021年04月22日(木)11時16分

この過程において、韓国の司法府は裁量の幅を大きくし、例えば、盧武鉉政権時の首都移転問題において、憲法裁判所が「ソウルが首都である事は大韓民国の不文憲法である」という判決を出してこれを阻止した事に典型的に表れた様に、時に行政府の判断をも大きく揺るがすような判断を頻繁に下すようになった。つまり、韓国においては司法府が法律の解釈を大胆に変え、「ゴールポストを移動」させる事は、国内政治においても日常茶飯事なのである。そして日韓関係における「ゴールポストの移動」もまた、一面ではこの様な韓国の法文化の産物であり、またそれが最も典型的に表れた現象なのである。

とはいえ、この様な状況は、当然の事ながら、この国における法的慣行を大きく不安定化させることとなった。そして今、韓国におけるもう一つの社会的変動が、司法府の判断にさらに大きな影響を与えつつあるように見える。それは韓国社会のイデオロギー的分断である。

2003年、盧武鉉政権による新与党、ウリ党の結党、以降、韓国の政治的空間は進歩と保守に大きく二分されている。そして、今日、両者のイデオロギー的対立は激しさをますばかりであり、韓国人個々においても各々の進歩派或いは保守派としてのイデオロギー的アイデンティティを明確にする人が多くなってきている。この様なイデオロギー的対立は社会を大きく引き裂く事となり、それは保守・進歩両勢力の「岩盤支持層」となって表れる。ソウル・プサン両市長選挙でようやく本格的なレイムダック現象に突入しつつあるとはいえ、それまでの文在寅政権の支持率が、歴代の政権と比べて遥かに安定していたのも、この「岩盤支持層」に支えられてきたからである。つまり、今の韓国はトランプ政権後のアメリカと同じく、社会が左右のイデオロギーに引き裂かれ、分裂し、対立しあう状況になっているのである。

「ゴールポスト」を左右から押し合う

そして、当然の事ながら、この様な状況は司法府においても影響を与えざるを得ない。そもそもアメリカに似た大統領制の下、韓国における大法院や憲法裁判所といった主要司法機関への裁判官の任命は強い政治色を以て行われる。この様な状況においては裁判官もまた自身、進歩と保守の両派に色分けされるのが通常であり、その色分けは彼ら自身のアイデンティティにも反映されていく事になる。異なるイデオロギー的アイデンティティは、裁判官達の間に異なる「時代的要請」と「望ましい結論」を意識させ、異なる判決を生み出す事になる。

こうして韓国においては、司法府もまた進歩と保守の二つのイデオロギーに分断され、彼らは自らのイデオロギーに忠実に、全く異なる法的解釈と判決を以て対峙する事になる。そう、今日の韓国では大きく対立する進歩と保守の二大勢力が互いのイデオロギーを抱えて、「ゴールポスト」を左右から懸命に押し合う事となっているのである。そして、このイデオロギー的対立の中においては、日韓関係に関わるイシューもまた、彼らにとってのイデオロギー的議論の対象の一つでしかなくなっている。

イデオロギー的分断がこの国の司法をどこに導き、また、日韓関係にどの様な影響を与えるのか。反日対親日といった古いフレームワークを離れて、冷静に観察する必要がありそうだ。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。最新刊に『韓国愛憎-激変する隣国と私の30年』。他に『歴史認識はどう語られてきたか』、『平成時代の日韓関係』(共著)、『日韓歴史認識問題とは何か』(読売・吉野作造賞)、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『高宗・閔妃』など。


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中