コラム

パブから見えるブレグジットの真実

2016年06月16日(木)19時00分
パブから見えるブレグジットの真実

ウェザースプーンズチェーンのパブに集うのは労働者階級の人々 Nigel Roddis-REUTERS

<EU離脱(ブレグジット)を問う国民投票を来週に控えて、イギリスでは世論調査の数字が賛否で拮抗している。EU残留を主張する体制派のエリート層は、誰が離脱を支持しているか見えないようだが、安いチェーンのパブに行けばそんな人々が集っている>

 僕は週に一度はパブに行くことにしている。月曜か木曜なら、僕の住む町の「ザ・プレイハウス」と呼ばれるパブに行く。時々は気分転換に別のところに行ってみようかとも思うが、結局はだいたいいつもザ・プレイハウスに行くことになる。

 もしも僕の住む町、イギリス南東部エセックス州のコルチェスターを訪れて誰かにザ・プレイハウスの場所を尋ねれば、ほとんどの人は答えられないだろう。大きくて目立って有名なパブなだけに、おかしな話だ。でもそのうち誰かが「ああ、もしかして『ウェザースプーンズ』のこと?」と言って案内してくれると思う。

 ザ・プレイハウスはイギリスに何百と店舗のあるウェザースプーンズチェーンのパブの1店だ。現代のイングランドで最も成功した「ブランド」の1つと言っていい。僕がイギリスを発って外国暮らしをするようになった1992年には聞いたこともなかった(ほとんど存在が知られていなかった)チェーンだけれど、今ではそこら中にある。

 典型的なアメリカ人が、マクドナルドはどこにあるかと聞くのと同じように、イギリス人(僕も含めてだ)は慣れない場所に行ったら看板代わりに最寄りのウェザースプーンズの場所を尋ねるだろう。

【参考記事】英国EU離脱投票、実は世代の「上vs下」が鍵を握る?

 ウェザースプーンズにはいろいろな長所がある。たとえば、店内では音楽をかけないのがポリシーらしいから、会話や読書を楽しみにパブに行く人には喜ばれている。ビールの品ぞろえも豊富だ(僕にとっては大きな魅力)。さらに全店舗共通の「定期スケジュール」もある。木曜は格安カレーナイト、金曜はフィッシュ・アンド・チップスの日、月曜はビール割引デー、といった具合だ。

 でもそれより何より、すべてが低価格なのだ。テイクアウトのコーヒーは1ポンド(約150円)、店舗内だったら午後2時まではおかわりも無料になる(普通のコーヒーショップの半額くらいで済む)。ビールの場合は種類によってもうちょっと価格差があるが、ここコルチェスターの店舗なら平均的なリアルエールが1パイントあたり2.50ポンドだ(さらに月曜には20ペンス値引きになる)。木曜には、まずまずの味のカレーと、ギネスビールを1パイント頼んで約6ポンド。これがほかの店なら、ギネスだけで4ポンドを超えるだろう。

 よく言われるのは、冬にはこの店で一日の大半を過ごす年金生活者が何人もいるということ。単に外出したいだけではなく、家にいた場合の光熱費と大差ない値段で過ごせるからだ。ここはけっこうな社交の場。誰もドレスアップしていないし(他の店に行く前に1杯引っ掛けにきたパーティー前のグループは別にして)、人々は互いを「マイト(仲間)」と呼び合い、タブロイド紙を読んでいる。汚い言葉遣いが聞こえてくるのが嫌な人は、ここに行くべきじゃない。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

ANAとJAL、10月の国内線予約回復 東京発着G

ワールド

第2四半期の英GDP確報値、前期比-19.8% 予

ビジネス

米カジノ運営シーザーズ、英ウィリアム・ヒル買収で合

ワールド

アングル:ケネディ対ニクソンから60年、米大統領選

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 9

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 10

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!