コラム

暴かれた極秘プロジェクト......権威主義国にAI監視システムを提供する「死の商人」グーグル

2022年09月22日(木)16時30分

サンフランシスコのGoogleオフィスの外で行われた抗議集会...... REUTERS/Paresh Dave

<「グーグルは正義よりも人種差別を選んだ」......暴露されたイスラエル政府とのプロジェクト・ニンバス、中国とのプロジェクト・ドラゴンフライ>

なぜか日本ではグーグルに関するネガティブな情報があまり報道されない傾向がある(わずかに報道されることもあるが)。2022年7月24日、The Intercept_誌はグーグルのプロジェクト・ニンバス(Nimbus)の隠された事実を暴露した。プロジェクト・ニンバスとは、イスラエル政府からグーグルとアマゾンが受注した12億ドル(約1,700億円)のクラウドコンピューティングの名称である。

以前からイスラエルはパレスチナ人に対する監視システムを構築、運用していたが、それがプロジェクト・ニンバスによってさらに高度になるのではないかという懸念があった中での今回の暴露だ。The Intercept_は独自にプロジェクト・ニンバスの教育ポータルからドキュメントや動画を入手し、隠されていた機能をレポートした。

その資料によればニンバスは顔認識、自動画像分類、追跡、写真やスピーチや文章の感情分析などの機能を提供していた。また、この資料はイスラエルのためだけに作られたものではない形跡があり、他の国の政府でも監視に使われている可能性もわかった。

このシステムにはAutoMLも含まれていた。AutoMLは顧客の保有するデータから学習することができるため、顧客の必要に応じた機能を実現することができる。

記事ではまだ感情分析は信頼性に疑問があるため嘘発見器のように使用された場合の危険性などさまざまな問題があると指摘している。

以前からイスラエル政府は、パレスチナ人を監視するためのシステムとデータを整備していた。そのためのデータ=顔写真は兵士たちがこぞって収集し、多くの写真を集めた部隊には報奨金が出ていたことがわかっている。アメリカ国内であれば、深刻な人権侵害に当たる出来事だ。

グーグルが抗議する社員に行ったこと

2021年10月、グーグルの社員がプロジェクト・ニンバスの内容を明らかにし、契約を取りやめることを求めた嘆願書を公開した。市民団体なども参加した抗議活動になり、嘆願書にはグーグル社内から800人、社外からは37,500人が書名した。

その2週間後、抗議の声をあげた社員は、17日以内にサンパウロに移って働くか、退社するか選択するように迫られ、やむなく退職することとなった。本人のブログに退職に当たっての文章が綴られており、グーグルがイスラエル政府の行っている人権侵害に加担していることに懸念している社員の声を封じ込めようとしていると訴えている。

New York Timesの記事では、グーグルが会社の方針への抗議を抑制するような人事的な扱いを行って様子がレポートされている。これまでもグーグルは同社に批判的な言動を行った社員に対して報復人事と受けとられかねない措置を行ってきたのだ。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『ウクライナ侵攻と情報戦』(扶桑社新書)など著作多数。X(旧ツイッター)。近く日本に戻る予定。この連載のような内容を調査やまとめのご要望があれば、公式サイトあるいはXからどうぞ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story