コラム

ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

2018年10月22日(月)18時15分
ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

イスタンブールのサウジアラビア領事館に入っていくジャマール・ハーショグジー(ジャマル・カショギ)の映像 Reuters TV/via REUTERS

<メディアを騒がせている、トルコで殺害されたサウジ人ジャーナリストの名前表記が本来の発音から相当かけ離れている。メディアの皆さん、何とかなりませんか>

「ギョエテとはオレのことかとゲーテいい」というコトバがある。ドイツの文豪ゲーテを日本語でどう表記するのかについては明治以来、いろいろな試みがあり、結局ゲーテに落ち着いたのだが、なかにはギョエテのように本来の発音からはだいぶ乖離してしまうケースも少なくなかった。

ちなみにいうと、この現象は日本語だけではない。英語話者にとっても、ゲーテの名は発音しづらいらしく、ガータとかグータなど英語でもさまざまに読まれている。

さて、こんな話からはじめたのは、今メディアを騒がせている、トルコで殺害されたサウジ人ジャーナリストの名前表記が気になったからである。

彼の名は日本の主要メディアではほぼ統一してジャマル・カショギとなっている(主要でないところでは「カシオギ」という表記もある)。だが、筆者のように、アラビア語をかじってサウジアラビアを研究対象としている人間にとっては、こうした表記はものすごく気になる。ギョエテの場合と同様、本来の発音から相当かけ離れているからだ。

「ジャマル」は「ラクダ」の意、Khはハ行が一般的

彼の名の英語表記はJamal Khashoggiである。アラビア文字だと、جمال خاشقجيとなる。ちなみに筆者は、彼の名を「ジャマール・ハーショグジー」と表記してきた。ジャマールは本来「美」を意味し、アラビア語圏ではしごく一般的な名である。日本語でいうと「佳男」とか「美夫」といった感じになろうか。

長母音をとって「ジャマル」とすると、「ラクダ」の意味になってしまって、かわいそうである。アラビア語は、短母音の発音がちょっとぐらいちがってもそれほど気にしないが、長母音と短母音の区別は厳密なのだ。

さらに大きな問題は姓に相当するKhashoggiのほうだ。アラビア語のKhの発音は、日本語にないので、正確な表記は困難だが、学界ではだいたいハ行で表している。イランのハメネイ(ハーメネイー)最高指導者の「ハ」もこのKhである。

喉の奥から出す強い音なので、カ行で転写しても問題なく、英語圏でもKで発音されることは少なくない。実際、読売新聞などはその昔、イラン・イスラーム革命の指導者ホメイニ(ホメイニー)師を「コメイニ」と表記していたぐらいだ。

じゃあ、カショギでもいいじゃないかとなるが、そうはいかない。Khは日本のメディアでもハメネイやホメイニの場合のように、ハ行で表記するのがすでに一般化しているからである。

おそらく先祖はオスマン帝国治下の食器を作る職人

めんどくさいのは彼の一族はもともとトルコ系で、ハーショグジーという名前ももともとトルコ語に由来することだ。今でもトルコ語メディアでは、トルコ語をそのまま使って彼の姓をカシュクチュCemal Kaşıkçıと表記することがある。

ちなみに「カシュク」とはトルコ語で「匙」の意で、「チュ」は「~屋、~する人」を表し、合わせて「匙屋」ということになる。おそらく先祖はオスマン帝国治下で食器を作る職人でもやっていたのだろう。一説には一族は500年ほどまえにトルコ中央部のカイセリからアラビア半島西部のヒジャーズ地方に移住してきたといわれている。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!