コラム

バイデン放蕩息子の「ウクライナ」「麻薬」「脱税」「違法銃購入」疑惑は何がどれだけ本当にヤバいのか?

2024年06月11日(火)14時43分
バイデン

共和党はハンター(左)とバイデン(中央)を攻め立てるが…… JULIA NIKHINSONーPOOLーABACAPRESSーREUTERS15 NEWSWEEK

<バイデン次男ハンターの違法な銃購入・所持の裁判が始まった。「疑惑のデパート」と思われがちな放蕩息子だが、実は大統領選への影響はほとんどない>

バイデン大統領の次男ハンター・バイデンが銃の不正購入・所持の罪で起訴されている裁判の公判が始まった。これまで5年間にわたりバイデンに腐敗政治家のレッテルを張ろうとしてきた共和党にとっては、好都合なニュースに思えるかもしれない。

実際、ハンターが有罪であることはほぼ間違いない。しかし、この放蕩息子のトラブルにより、有権者のバイデンに対する見方が変わることはなさそうだ。

バイデンがオバマ政権の副大統領だった2014年、ハンターはブリスマ社というウクライナのガス会社の取締役に就任した。同社は米政府から汚職を指摘されていて、ハンターには現職米副大統領の息子であることを別にすれば特筆すべき経歴や資質はなかった。この時期、ロシアがクリミア半島を併合し、米政府はバイデンの主導でウクライナ国内の汚職撲滅を目指すと同時に、ロシアがこれ以上ウクライナに介入しないよう牽制していた。

米共和党、ロシアの情報機関、米司法省は、ハンターがウクライナ企業の取締役に就任したこと、そしてコカイン常用者だったことを把握していた。18年には、司法省が脱税とマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いでハンターへの捜査を開始した。

19年7月、トランプ大統領(当時)は、ウクライナのゼレンスキー大統領に圧力をかけて、バイデン父子の汚職について捜査させようとした(実際には汚職の事実はないのだが)。この時点で、翌年の米大統領選では、トランプとバイデンが対決する可能性が高まっていた。トランプはこの一件をめぐる行動を理由に、(1度目の)大統領弾劾裁判にかけられることになった。

19年12月には、トランプの顧問弁護士だった元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニがウクライナを訪ね、バイデン父子の汚職をめぐる情報を入手しようとした。このときジュリアーニにお望みどおりの「情報」を提供したウクライナ側の面々は、ロシアの情報機関とつながりがあるとされている人たちだった。最大の情報提供者は、ロシア情報機関に雇われて活動していたとして刑事訴追されている。

バイデン父子のウクライナでの「汚職」に関する共和党の主張は、事実を完全にねじ曲げ、ロシアの情報機関が拡散させようとしていたニセ情報──バイデンの評判に泥を塗り、米大統領選でトランプを後押しすることを意図していた──をいわばオウム返しに繰り返すものだったのだ。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story