コラム

嘘つき大統領トランプがアメリカの民主主義を打ち砕く

2019年10月16日(水)17時25分
嘘つき大統領トランプがアメリカの民主主義を打ち砕く

「規格外」の振る舞いはワシントンの堕落を象徴している LEAH MILLIS-REUTERS

<法も理性も無視する大統領に迫る弾劾、しかし民主主義の根幹は既に崩れ始めている>

現代の米政治において、さらにはアメリカの250年近い歴史の中でも、とりわけ重要な出来事が起きているのだろうか。

9月24日に民主党のナンシー・ペロシ米下院議長が、ドナルド・トランプ米大統領の「重大な犯罪と不品行」について弾劾調査を開始すると発表した。来年の大統領選で対立候補になるかもしれないジョー・バイデン前副大統領のスキャンダル欲しさに、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に見返りをちらつかせて脅したという疑惑が持ち上がっている。

アメリカの法律では、公務員が「選挙に関連して......献金や寄付金その他、価値のあるもの」を受け取ることは、違法とされている。

2008年の大統領選で民主党の有力候補と目されたこともあるジョン・エドワーズ元上院議員は、不倫スキャンダルをもみ消すためにこの法律に6回違反したとして(どこかで聞いた話だ)起訴され、政治生命を絶たれた。

米史上、外国の首脳を脅して個人の利益のために便宜を図らせたと非難された大統領はいない──トランプを除いて。

9月25日、トランプとウクライナ大統領のゼレンスキーが7月に行った電話会談の記録が公開された。トランプは会談の直前に、ウクライナへの4億ドルの軍事支援を凍結していた(これも違法性が指摘されている)。

トランプはこの会談で、ゼレンスキーに「頼みたいことがある」と話し掛け、バイデンと息子の調査を促し、軍事支援についても話し合った。自分の政治的利益と引き換えになら、支援を再開するという圧力ではないかとみられている。

トランプは政府の力を利用してバイデンのスキャンダルを探し、さらには捏造して、延々と非難してきた。

バイデンは「腐敗」している。ウクライナがバイデンの圧力に応じて2016年の米大統領選に介入し、ヒラリー・クリントンのために動いた。2014年にウクライナのガス会社の役員に就いたバイデンの息子は「正真正銘のインチキ」だ──。

これらは全て、全くの嘘だ。トランプが大統領に就任してからついたと確認されている1万2000個の嘘(1日に約12個のペースだ)のうち、ほんのいくつかにすぎない。

バイデンに関する明確な事実は、彼が副大統領時代に、ウクライナの政治腐敗を止めようと圧力をかけたということだ。米政界の多くの関係者が、同じような働き掛けをしている。

息子がガス会社の役員に就いたのも、同社の慣行とイメージを正す試みの1つだった。確かに、役員になったのは彼がバイデンの息子だったからだろう。しかし、親子とも、いかなる腐敗にも関わっていない。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ビジネス

10月企業向けサービス価格、前年比0.6%低下=日

ワールド

米ホワイトハウス、バイデン氏への機密情報の提供を承

ビジネス

米デル、8─10月は予想外の増収 在宅勤務が追い風

ワールド

米FCC、中国ZTEの安全保障上の脅威認定を再確認

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!