コラム

嘘つき大統領トランプがアメリカの民主主義を打ち砕く

2019年10月16日(水)17時25分

magw191016_Trump2.jpg

トランプはバイデン(中)と息子ハンター(右)が腐敗していると主張するが JONATHAN ERNST-REUTERS

アメリカ史上、弾劾に直面した大統領は3人。1868年にアンドリュー・ジョンソンは、南北戦争終結後に南部寄りの政策を取ったとされた。1974年にリチャード・ニクソンは、ウォーターゲート事件をめぐる違法行為を問われたが、弾劾裁判の直前に辞任した。1999年にビル・クリントンは自身の情事をめぐる偽証を問われた。

ただし、実際に弾劾裁判でホワイトハウスを追われた大統領はいない。

中国に選挙介入を要求

民主党は数多くの文書と供述証拠を基に、今回の疑惑に絞って弾劾調査を進めている。しかし、相手はトランプだ。その直感的な手法と露骨な政策目標は、さながら毎日がテレビのリアリティー番組だ。

トランプは毎朝5時半か6時頃から、陰謀論や下品な侮辱、さらには自己憐憫と自画自賛をツイッターに投稿する。議会が弾劾に値する容疑だと認める前に、記者会見で、中国政府にも自分の政敵を攻撃する手助けを求めたいと言ってのけた。

そのやり方は、どんな問題に直面してもぶれることがない。決して間違いを認めず、決して謝罪しない。外国政府に米大統領選への介入を求めるかのような発言も意に介さない。

弾劾裁判を開くかどうかを決めるのは、民主党が多数派を占める下院だ。しかし、弾劾するかどうかを決めるのは、共和党が多数派の上院だ。罷免には上院の3分の2の賛成票が必要だが、まず実現しそうにない。

トランプが弾劾を回避できれば、弾劾手続きによって自分の潔白が証明されたと主張するだろう。そして、信用を失った(と、彼は主張するはずだ)議会の民主党指導部に対し、さらに強権的な支配を振るうだろう。

その一方、もしトランプの罷免が実現すれば、米政府の針路も指導体制も変わる。トランプは複数の罪状で起訴され、共和党は過去に例を見ない大変動に見舞われる。

とはいえ今回の弾劾調査は、アメリカの歴史における極めて深刻な事件の一端にすぎない。今やアメリカの民主主義の根幹と慣行がゆっくりと、恐ろしいまでに崩壊し始めている。この国の民主主義そのものが崩れ落ちようとしているのだ。

筆者は近年、アメリカの制度と民主主義は国家を二分した南北戦争以来、最悪の危機の渦中にあると何度も警告を発してきた。民主主義的な規範、慣行、制度、法律はどれも段階的に腐食が進み、政府は法やチェック・アンド・バランスを原則とする「国民の代表」ではなく、ごく少数の男たちが権力を振るう構造に化しつつある。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、第46代米大統領に就任 「団結」訴え

ビジネス

米住宅建設業者指数、1月は低下 コロナ感染拡大など

ビジネス

米モルガンS、第4四半期は大幅増益 コロナトレード

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!