コラム

TV局の独占を脅かすネット会社のオリジナル制作番組

2013年11月14日(木)13時09分

「ネットとTVの融合」などとややこしいことを言う前に、アメリカでは思わぬところからネットのテレビ化が進んでいる。その舵をとっているのは、またあのアマゾンとネットフリックスだ。

 アマゾンは言わずと知れたネットショップだが、今やアメリカでは物品を販売するネットショップであると同時に、デジタル・コンテンツの配信会社としての存在感が大きくなっている。電子書籍はもちろんのこと、映画や音楽をクラウドから配信するという同社のサービスが拡大しているのだ。

 もうひとつのネットフリックスは、レンタル・ビデオ会社として創業。最初はユーザーがネットで申し込んだDVDを郵送で届け、それを同封の返信封筒で返送するというしくみを考案した会社で、順番待ちをしたり借りたいビデオをリストアップしておいたりできるその便利さが受けた。同社がユーザーをしっかりと掴んだ上で数年前に始めたのが、ストリーミング・サービス。これもアマゾンと同じく、見たい時にクラウドからビデオをワンクリックで見られるというものだ。

 いわば配信会社であるこの2社が、最近はオリジナルのテレビ番組制作に乗り出しているのである。

 最初に番組制作に乗り出したのは、ネットフリックスだった。同社が制作し、ケヴィン・スペーシーが主演する『ハウス・オブ・カーズ』は、先頃監督部門でエミー賞を受賞するほどの話題作。政治スリラーという面白いジャンルである。

 他にも、超高速で動き回るカタツムリが主役の『ターボFAST』は、スピールバーグのドリームワークスが制作を担当する3Dスポーツ・コメディー。これ以外にも、アニメやドラマ番組があり、同社は今後もどんどんラインアップを増やしていく計画だ。

 上記の例からわかるように、これらの番組はレンタル・ビデオ会社がアマチュア的に作ったものではなく、プロのレベルで制作したもの。そんな番組を自社でつくって自社で配信してしまうのだ。

 一方のアマゾンは、今秋から2つのテレビ番組シリーズを公開する。アマゾン・スタジオという子会社を作り、そこで制作を手がける。『アルファ・ハウス』は、ワシントンで一軒家をシェアする4人の上院議員のストーリー、『ベータ』はシリコンバレーのスタートアップを取り上げた物語らしい。

 ネットフリックス、アマゾン、いずれのサービスもただで見られるわけではない。ネットフリックスの場合は契約ユーザーになる必要があるが、契約料は月7.99ドル。これで他のストリーミング映画も見放題。アマゾンの場合は、シリーズの最初の3回は無料で公開するが、その後は同社のプライム会員となって年額79ドルを支払う必要がある。ただし、この79ドルで、物品の配送を超速でやってもらえ、他のストリーミング映画の見放題も一緒についてくる。つまり、決して高くない値段なのだ。

 アメリカでも、テレビ番組をネットで流すためのいくつかのサービスがすでにあるが、これほどのお得感はないだろう。ネットフリックスでもアマゾンでも、オリジナル番組が他のテレビ番組や映画と並んで見られるようになっていて、よりどりみどりの豊富なラインアップは、とてもテレビ局が一局で対抗できるものではなく、テレビ局が始めているネット上の番組配信サービスも追いつかない。

 こうした動きは、すでに人々のテレビを見る習慣が変わってきていることを物語っている。

 たとえば、今やテレビをつけて、コマーシャル入りの番組を放映時間に合わせてリニアに見ている人は、高齢者や家にずっと居る人を除いてあまりいないはずだ。DVR(デジタル・ビデオ・レコーディング)のセットトップボックスが出てきた時に、好きな番組は録画し、後でコマーシャルを飛ばしてみるという習慣ができた。

 その後は、録画する手間すら不要なストリーミングのサービスに移行。ストリーミングになると、どの局で放映されている番組なのかという違いはもはや不問で、ユーザーにとっての関心ごとは番組そのものだ。

 そもそも、何局もの放送を束ねて提供するケーブルテレビ契約も、割高感から敬遠されるようになっている。

 ネットフリックスによるオリジナル番組での成功は、人々の番組視聴の習慣をさらにネット化させるはずだ。すでに現在でも、夕方のピーク時のネットフリックス利用は、インターネット・トラフィックの3分の1を占めている。ユーチューブを合わせると半分にもなるそうで、人々はテレビではなくてインターネットで映画やビデオや番組を見ているわけだ。ここにオリジナルの人気テレビ番組が加われば、さらに加速的にユーザーが増えるだろう。

 今はドラマやアニメなどの番組だけだが、今後ネットフリックスやアマゾンがちょっとしたニュース番組などを配信し始める可能性もゼロではないだろう。テレビ番組のようなコンテンツ制作と放映はもはやテレビ局の独断場ではなく、ネット配信とユーザーを握るこの両社のような企業が本気を出せば乗り出せる領域。アメリカでは、すでにそれが肌で感じられるようになっている。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナの新規感染が減少 国境対策を強化へ

ワールド

米民主バイデン氏、新たな公約でサンダース氏支持層に

ワールド

スペインのコロナ禍に好転の兆し、都市封鎖は継続=首

ビジネス

国内企業物価指数3月は前年比-0.4%、原油・化学

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!