コラム

アップルとグーグル、「ウェアラブル」のかたち

2011年12月21日(水)13時19分

 アップルとグーグルが共に、「ウェアラブル・コンピュータ」の開発に取りかかっているとニューヨークタイムズが報じている。

「ウェアラブル・コンピュータ」とは、文字通り身つけるコンピュータのこと。小型で身体や衣服に一体化していて、操作が不要、あるいは感覚的に操作できるものを指す。

 アップルもグーグルも、それがスマートフォンと連携するという位置づけで開発を進めている模様という。つまり、ポケットや鞄に入れたスマートフォンがベースステーションになり、たとえば腕時計のような形のウェアラブルが簡易型の入力、出力装置という関係になる。簡単なことやひんぱんに使う機能は、ウェアラブル側で済ませるというわけだ。

 グーグルの方は不明だが、アップルは腕にガラス製のバンドをつけ、その中にiPodナノのような小型のコンピュータ機器が内蔵されているものを構想中。それが、スマートフォンと刻々とブルートゥースなどを経由してデータをやり取りし合う。

 今でも、ヘビーユーザーにとってスマートフォンは手放せない存在だ。電話をかけ、テキストメッセージを送り、音楽や動画を鑑賞し、書籍を読む。ニュースもチェックするしフェイスブックにも書き込みをする。もしこうした機能のほとんどを、腕時計のようなウェアラブル側で済ませられるようになったら、いちいちスマートフォンを鞄から出したり、手の中で握っていたりする必要がなくなる。

 もちろんiPodナノに似たウェアラブルなら超小型なので、コンピュータはもとよりスマートフォンの機能もすべて盛り込むわけにはいかないだろう。だが、限られた機能を美しく動かすのはアップルの得意とするところ。実際にどんな働きをするのかは不明だが、たとえば重要なメールが来た時の通知を表示するとか電話をかけるとか、そんなことがまず想像できる。音声認識技術のSiriを利用するというから、入力面ではかなりのことができるはずだ。

 グーグルの方は、やはりアンドロイド携帯との連携で考案中というが、テクノロジーおたく集団のグーグルのこと。iPodナノ程度のものでは終わらないだろうと言われている。噂されているのは、HUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)だ。HUDとは、たとえば自動車のフロントガラスにデジタル・データが映し出されるような技術。リアルの世界にオーバーラップしてバーチャルなデータや画像が見える。通常の眼鏡に見えるがデータも映るとか、そんなこともあり得る。もちろん音声認識機能も搭載して、そこから操作入力もできるだろう。すでにHUDの専門家を引き抜いているらしく、それが本当だとしたらかなり未来的である。

 ウェアラブル・コンピュータと聞いて思い出すのは、10数年前にMIT(マサチューセッツ工科大学)で開かれた会議のことだ。「第一回ウェアラブル・コンピューティング・シンポジウム」という名前で、一体何だろうと出かけてみた。参加者はそれほど多くなく、正直なところ奇妙な研究ばかり。加えて、背中にコンピュータを背負い、カメラを頭上に付け、ゴーグルでデータを読み取り中という姿の研究者までいた。彼は、その姿でもう何ヶ月も身の回りで起こることを記録しているのだと言っていた。これぞ「研究者根性」と感じたが、そういう技術がやっと今、商用分野に派生してきたのだから、根強い技術研究とはこういうものなのだろう。アップルもグーグルも、数年先をめざして、社内で精選された少数メンバーで開発を行っているという。

 それにしても、「なるほど」と思わせるのは、コンピュータの次の行方だ。コンピュータが小型になり、スマートフォンもタブレットも発売されて、さてその次に何かあるのだろうかと疑わしく思っていたところに、ウェアラブルだ。新製品というだけでなく、複数の製品を連携させるというアイデア。人々の生活はこれでさらに便利になり、メーカーにとってはまたまた売れる商品ができるのである。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:4―6月期、生産減など1000億円規

ワールド

米黒人男性の死因は「窒息」 独立検視官、殺人と断定

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

ドル下落、景気回復期待でリスクオン=NY市場

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!