コラム

ホルムズ海峡、再び波高し?

2010年08月04日(水)17時39分

 20年前の1990年8月2日、その後の国際政治を大きく変える出来事が起きた。炎天下、イラク軍が国境を越えてクウェートに進軍、同国を占領したのである。いわゆる湾岸危機の発生だ。半年後には、米英など多国籍軍が武力行使に踏み切り、湾岸戦争が起きた。

 現在、8月末までにイラク駐留の米軍を撤退させる、として、オバマ政権はイラク戦争の泥沼に終止符を打とうとしている。2003年以降イラクを混乱に陥れ、かつ米国の重荷となってきたイラク戦争だが、遡れば20年前のイラクのクウェート侵攻に繋がっている。冷戦後、初めての紛争処理に、国際社会を総動員して湾岸戦争を戦った米国は、弱体化しながらもしたたかに生き延び続けるイラクのフセイン政権をどうしてよいかわからず、9-11事件後簡単にアフガニスタンのタリバン政権を倒すことができた(と少なくとも当時は思えた)経験を踏まえて、フセイン政権も簡単に倒せるだろうと、イラク戦争を起こしたのだ。

 そのイラクのクウェート侵攻もまた、それ以前の中東を取り巻く政治環境の産物として行われた。侵攻の2年前まで、イスラーム政権のイランとフセイン政権のイラクは8年にわたって戦争を続けていたからだ。イラン・イラク戦争は形式的にイラクが勝利した格好となったが、両国とも大量の戦死者を出し、経済的に疲弊しきった。その戦後のフラストレーションを外に向けるように、イラクはクウェートに刃を向けたのである。イラクと米国の懊悩は、30年前のイラン・イラク戦争の開戦に起源を辿れるともいえる。

 イラン・イラク戦争が行われていた80年代の出来事を彷彿させるのは、そうした歴史的因縁ばかりではない。先日商船三井の原油タンカーが損壊した、ホルムズ海峡。イラン・イラク戦争後半、膠着した戦線を打開するために、両国が第三国のタンカーを攻撃しあった場所だ。ペルシア湾を航行する船舶の保険料は跳ね上がり、ペルシア湾情勢は石油消費国にとって愁眉の問題となった。戦争に巻き込まれることを危惧した他の産油国は国際社会に訴えかけ、米軍や国連が動いて停戦にこぎつけたのである。ホルムズ海峡を通ってペルシア湾に向かう船は、この地域での紛争を国際化するのに格好のターゲットなのだ。

 商船三井の事件がどういう原因で起きたかは、武闘派反米勢力の犯行声明もだされてはいるものの、現時点では不明だ。しかし、過去の戦争の展開を振り返れば、どのような勢力が自分たちの「忘れられた戦い」を国際的にアピールするために、この海域に目をつけてもおかしくない。

 湾岸危機から20年。イラン・イラク戦争から30年。イラン、イラクを始めとして、ペルシア湾岸諸国が安全になったとは到底言えない現実がある。石油輸送ルートの安全確保という、古くて新しい問題は解決していない。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ビジネス

中国当局、銀行に融資圧縮を指示 投資過熱抑制が狙い

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ビジネス

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 採決は週末に

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!