コラム

ノーベル賞2022の自然科学3賞と日本人科学者との関わり

2022年10月11日(火)11時25分
スバンテ・ペーボ博士

マックス・プランク進化人類学研究所で行われた記者会見でのスバンテ・ペーボ博士(10月3日、独ライプチヒ) Lisi Niesner-REUTERS

<日本人科学者は選に漏れたが、なかには日本の科学界と接点を持つ受賞者も>

今年も10月初旬にノーベル賞科学3賞の受賞者が発表されました。

生理学・医学賞は「絶滅した人類のゲノムと人類の進化に関する発見した」功績で独マックス・プランク進化人類学研究所およびOIST(沖縄科学技術大学院大学)に所属するスバンテ・ペーボ博士に、物理学賞は「量子もつれの実験で成果をあげ、量子情報科学分野を開拓した」ことに対して仏パリ・サクレー大のアラン・アスペ博士、米カリフォルニア大バークレー校などに所属したジョン・クラウザー博士、オーストリア・ウィーン大のアントン・ツァイリンガー博士の3氏に、化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学の開発」をたたえて米スタンフォード大のキャロリン・ベルトッツィ博士、デンマーク・コペンハーゲン大のモーテン・メルダル博士、米スクリプス研究所のバリー・シャープレス博士の3氏に与えられました。

ノーベル賞に関するニュースは、日本人が受賞するかどうかに焦点が絞られがちです。「ノーベル賞級」と呼ばれる偉大な研究成果をあげ、受賞が期待される日本人科学者は多数いますが、今年は選に漏れました。

とは言っても、今年の受賞に関して、日本人科学者はまったくの無関係というわけではありません。2022年ノーベル賞の受賞テーマと、関連する日本人科学者を見てみましょう。

旧人類と現生人類のDNAの比較に成功

現生人類(ホモ・サピエンス)はアフリカで誕生し、他の旧人類とは交配することなしに世界中に広がったという「アフリカ起源説」は、古くはチャールズ・ダーウィンが提唱し、進化生物学が人類学に取り入れられてからも定説となっていました。

生理学・医学賞を受賞したペーボ博士は、絶滅した人類(旧人類)の化石からミトコンドリアDNAや核DNAを取り出して遺伝情報を解析する「古ゲノム学」を開拓しました。化石のDNAの多くは、年月のせいでボロボロになっていたり、細菌や発掘者のDNAに汚染されていたりします。ペーボ博士は汚染を排除してDNAを増幅する技術を開発し、旧人類と現生人類のDNAの比較に成功しました。

その結果、現生人類は旧人類のネアンデルタール人とユーラシア大陸で共存し、交配していたことが分かりました。ユーラシア大陸に住む人たちのDNAには、今でも数%、ネアンデルタール人由来の遺伝情報が混在していたからです。さらにペーボ博士は、それまで知られていなかった別の系統の旧人類「デニソワ人」を発見しました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

一汽VW、中国の成都・長春工場で生産再開

ワールド

イラン政治体制、抗議行動でも当面揺るがず=イスラエ

ワールド

北朝鮮、海上に再び砲撃 韓国の軍事演習に対応=KC

ワールド

パキスタン、ロシアから割引価格で原油輸入へ=高官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中