コラム

ノーベル賞2022の自然科学3賞と日本人科学者との関わり

2022年10月11日(火)11時25分
スバンテ・ペーボ博士

マックス・プランク進化人類学研究所で行われた記者会見でのスバンテ・ペーボ博士(10月3日、独ライプチヒ) Lisi Niesner-REUTERS

<日本人科学者は選に漏れたが、なかには日本の科学界と接点を持つ受賞者も>

今年も10月初旬にノーベル賞科学3賞の受賞者が発表されました。

生理学・医学賞は「絶滅した人類のゲノムと人類の進化に関する発見した」功績で独マックス・プランク進化人類学研究所およびOIST(沖縄科学技術大学院大学)に所属するスバンテ・ペーボ博士に、物理学賞は「量子もつれの実験で成果をあげ、量子情報科学分野を開拓した」ことに対して仏パリ・サクレー大のアラン・アスペ博士、米カリフォルニア大バークレー校などに所属したジョン・クラウザー博士、オーストリア・ウィーン大のアントン・ツァイリンガー博士の3氏に、化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学の開発」をたたえて米スタンフォード大のキャロリン・ベルトッツィ博士、デンマーク・コペンハーゲン大のモーテン・メルダル博士、米スクリプス研究所のバリー・シャープレス博士の3氏に与えられました。

ノーベル賞に関するニュースは、日本人が受賞するかどうかに焦点が絞られがちです。「ノーベル賞級」と呼ばれる偉大な研究成果をあげ、受賞が期待される日本人科学者は多数いますが、今年は選に漏れました。

とは言っても、今年の受賞に関して、日本人科学者はまったくの無関係というわけではありません。2022年ノーベル賞の受賞テーマと、関連する日本人科学者を見てみましょう。

旧人類と現生人類のDNAの比較に成功

現生人類(ホモ・サピエンス)はアフリカで誕生し、他の旧人類とは交配することなしに世界中に広がったという「アフリカ起源説」は、古くはチャールズ・ダーウィンが提唱し、進化生物学が人類学に取り入れられてからも定説となっていました。

生理学・医学賞を受賞したペーボ博士は、絶滅した人類(旧人類)の化石からミトコンドリアDNAや核DNAを取り出して遺伝情報を解析する「古ゲノム学」を開拓しました。化石のDNAの多くは、年月のせいでボロボロになっていたり、細菌や発掘者のDNAに汚染されていたりします。ペーボ博士は汚染を排除してDNAを増幅する技術を開発し、旧人類と現生人類のDNAの比較に成功しました。

その結果、現生人類は旧人類のネアンデルタール人とユーラシア大陸で共存し、交配していたことが分かりました。ユーラシア大陸に住む人たちのDNAには、今でも数%、ネアンデルタール人由来の遺伝情報が混在していたからです。さらにペーボ博士は、それまで知られていなかった別の系統の旧人類「デニソワ人」を発見しました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ガザの死者、停戦でも8000人増加か 公衆衛生危機

ワールド

南ア失業率、第4四半期は32.1%に上昇 選挙控え

ビジネス

ステランティス、中国リープモーターEVを欧米で生産

ワールド

台湾周辺の軍事情勢に異常なし、離島への配備強化せず
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story