コラム

米最高裁の中絶権否定判決で再び注目される『侍女の物語』

2022年07月02日(土)15時20分

『侍女の物語』のコスチューム姿で最高裁に抗議する女性 Evelyn Hockstein/iStock.

<トランプ政権下で保守派判事が多数派となった最高裁のもと、アメリカはまるで「キリスト教原理主義」の社会へと傾倒しつつある>

2022年6月24日、アメリカ連邦最高裁は人工妊娠中絶の権利を認めた1973年の歴史的な「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下した。これにより、これまで憲法で保障されていた中絶の権利が否定されることになり、1カ月以内にアメリカ50州のうち約20州で人工妊娠中絶が違法あるいは厳しく制限されることが予測されている。

今後も州法で人工妊娠中絶(制約がある場合もある)が保障される可能性が高いアラスカ、カリフォルニア、コロラド、コネチカット、デラウェア、ワシントンDC(コロンビア特別区)、ハワイ、イリノイ、メイン、メリーランド、マサチューセッツ、ミネソタ、ネバダ、ニューハンプシャー、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、オレゴン、ロードアイランド、バーモント、ワシントンの20州+1特別区を除く大半のアメリカで中絶が違法になる可能性が高い。よく見落とされていることだが、違法になった場合には、望む妊娠が医学的な理由で継続できなくなった場合や、稽留(けいりゅう)流産などで母体のために処置が必要になった場合であっても、掻爬(そうは)などの処置ができなくなる。

近年の共和党は経済的保守よりもキリスト教保守団体が勢力を伸ばしており、1973年の「ロー対ウェイド判決」以来、これを覆すのが宗教保守の大きな政治的目標になっていた。ゆえに、大統領候補に対する質問の中で「ロー対ウェイド判決」への見解と「人工妊娠中絶は合法であるべきか、違法であるべきか?」という質問は重視されてきた。最高裁判事を指名する権利を持つのは大統領だからだ。

最高裁判事の多数派を占めた保守派

アメリカ連邦最高裁判事の定員は9人で、死亡するか引退するまで入れ替えはない。バラク・オバマが大統領だった8年の間に3つの空席ができたが、当時マジョリティーだった共和党上院議員がオバマ大統領指名の候補を拒否して空席のままになっていた。後続のドナルド・トランプが大統領だったのは4年しかなかったが、前任者の時代からの空席、そしてリベラルのアイコンだったルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の病死などにより3つの空席を埋めることができた。そのうち2つの空席は、オバマ大統領就任までのアメリカ議会であればオバマ大統領とバイデン大統領が指名することで納得されていたものだった。しかし、ポリティカル・コレクトネスを無視して当選したトランプ大統領によって活気づいた共和党は、なりふり構わずに自分たちの権力を追求するミッチ・マコネル上院多数党院内総務のリーダシップによってニール・ゴーサッチ、ブレット・カバノー、エイミー・コニー・バレットという保守の最高裁判事を任命することに成功した。それらの3人が、今回「ロー対ウェイド判決」を覆した5人の判事に含まれる。

このショッキングな出来事で、再び話題になっている本がある。それは1985年に刊行されたマーガレット・アトウッドの「The Handmaid's Tale(『侍女の物語』)」である。作家のスティーブン・キングは、判決が出た日に「Welcome to THE HANDMAID'S TALE」とツイートした。

この本は、トランプが大統領に就任した2017年に米国アマゾンで最も多く読まれた本になった。Huluでのドラマ化の影響もあるが、トランプ政権下の米国がこの本の架空の国Gileadになる不安が大きかったからである。Gileadはキリスト教原理主義のクーデターで独裁政権になった未来のアメリカ合衆国だ。白人至上主義で、徹底した男尊女卑の社会である。国民は男女とも厳しい規則で縛られ、常に監視されている。環境汚染などで女性の出産率が激減しており、子供が産める女性は貴重な道具として扱われる。不倫や堕胎をした女性は罪人として自由を奪われ、子どもを産むための「Handmaid(侍女)」として(妻が子どもを産めないでいる)司令官にあてがわれる。Handmaidは所有物なので、固有の名前を持つことは許されず、「of」に司令官の名前をつけて呼ばれる(例えば主人公のoffred)。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

任天堂株が8%超安、営業利益見通し下方修正を嫌気

ワールド

ロ軍死者が1日で最多1000人超、ウクライナ発表 

ビジネス

独VW、昨年は増収増益 供給網混乱がキャッシュフロ

ビジネス

銀行・信金の貸出平残、1月は+3.1% M&Aや原

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中