コラム
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

存続意義が問われるドイツの公共放送

<ドイツの公共放送局は、現在、その正統性において最大の危機を迎えている......> 公共放送の危機 ドイツの公共放送局は、長年にわたるイン

2022.10.25
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ディープフェイクの政治利用とその危険性:ビデオ会議のキーウ市長はデジタル合成だった

<ベルリン市長とのビデオ会議に現れたキーウ市長は、リアルタイムで動作するディープフェイクだった。事件の首謀者や政治的意図などが不明のまま、世

2022.07.20
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ウクライナ戦争:接続性が紛争を招く理由

<私たちの文明を前進させ、人々をひとつにまとめてきた国際主義やグローバリゼーション、接続性が、どうして人々を分裂させ、暴力や不安を生み出すの

2022.04.07
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

反アマゾン:独立小売業の変革を推進する「アンカーストア」の急成長

<欧州では、独立系ブランドと小売業態に向けたDXが始まっている> 反アマゾン運動とは何か? ヨーロッパ、特にベルリンで頻繁にデモが繰り返され

2022.03.02
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ベルリンの中心市街地で自家用車の利用が禁止されるかもしれない

<世界で最も自動車保有率の高い国のひとつドイツ。そのベルリンの中心市街地で自家用車の使用が実質的に禁止となるかもしれない......> 自動

2022.01.27
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ベルリンのコワーキングスペースが隆盛な理由

<ドイツ・ベルリンのコワーキングスペース・ビジネスは、今や、ベルリンで最も収益性の高い産業のひとつに成長している......> コワーキング

2021.12.28
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

メタバースはインターネットのユートピアなのか、現実の悪夢なのか?

<マーク・ザッカーバーグは、ソーシャルメディア企業の社名変更だけでなく、ARやVR分野への関与を強めることで、具体的なアイデアを大々的に宣伝

2021.11.26
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

NFTは単なる投機なのか、世界を変えるツールなのか?

<NFTが革新的なコンセプトの中心になっているのは、クリエイティブ産業だけではない> NFTとは何か? NFT(Non-Fungible T

2021.10.28
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ドイツ哲学界のスター:ビョンチョル・ハンの「疲労社会」を考える

<今、世界の注目を集める韓国生まれのドイツの哲学者、ビョンチョル・ハン(Byung-Chul Han)は、『疲労社会』の中で、ハッスルカルチ

2021.09.29
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

人々はレガシーシステムからの「分散ドロップアウト」を望んでいる

<終わりなき成長に基づく資本主義への絶え間ない叫びは、ますます現実を直視するようになっている...... > フェイスブックとVR フェイス

2021.08.24
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中