コラム

ベルリンのコワーキングスペースが隆盛な理由

2021年12月28日(火)17時08分

過疎地域の廃校がコワーキングスペースとして再生される事例も増えている Daniel Seiffert(c)

<ドイツ・ベルリンのコワーキングスペース・ビジネスは、今や、ベルリンで最も収益性の高い産業のひとつに成長している......>

コワーキングスペースは減速していない

ハッカー組織の交流拠点にはじまるベルリンのコワーキング・シーンは、過去20年間で劇的に変化してきた。パンデミックで一時減速したかに見えたコワーキングスペース・ビジネスは、今や、ベルリンで最も収益性の高い産業のひとつに成長している。

現在、コロナが私たちの働き方を変えているが、ベルリンのコワーキングスペースの需要は衰えなかった。都市の中心市街地だけでなく、郊外に広がる森や湖畔にあるコワーキングスペースの需要が急増したのだ。

予想外の大企業もこの競争の激しい市場に参入している。ベルリンの大企業は、少なくとも一部の労働力をオフィスに戻すことを目指しているが、そのオフィスが彼らの自社ビルであるとは限らないのだ。

2019年の統計によれば、ベルリンには26万人のフリーランサーがいる。ベルリンでは、長年にわたりリモートワーカーのネットワークが形成され、独立した非営利団体から国際的なブランドが経営する約150のコワーキングスペースがある。ベルリンは、ロンドンとパリに次いで3番目に多いコワーキングの首都なのだ。

ベルリンは、自由を求める「アーティスティック・フリーランサー」と呼ばれる人たちが活躍する都市である。彼らは、ベンチャー企業を転々とし、サブカルチャーの魅力を味わいながら生計を立てている人たちだ。

テックブームによってコワーキングは急速に発展したが、コロナや在宅勤務へのシフトによって、その状況は変化した。かつては技術系のスタートアップ企業やクリエイティブな人々が利用していたコワーキングスペースは、パンデミックにおいても主流の仕事場となり、大手企業の従業員や投資家にも注目されている。

コワーキングスペースの歴史

近年、ベルリンではハイテクを駆使した自由人の象徴としてコワーキングスペースが流行してきたが、実はベルリンのコワーキングの歴史は1999年に遡る。クロイツベルクのルンゲ通りに、世界初のコワーキングスペースともいえるc-baseが誕生した。c-baseは、コンピュータのハードウェアとデータソフトウェアの新しい世界に関する知識を共有するために設立された「ハッカーズスペース」だ。

takemura20211228a.jpg

ベルリンのコワーキングスぺースの原点であるc-base.このハッカー組織から2006年、ドイツ海賊党が設立された。写真はドイツ海賊党(Piratepartei)の役員候補者選挙の模様

設立当時は異質な空間で、メンバーの間では「軌道上から墜落した古代の宇宙ステーションの残骸の中に作られた基地」という神話が語り継がれてきた。2002年には、ゲストに無料のWi-Fiを提供するようになり、2006年には「ドイツ海賊党」がここから設立された。

c-baseは知る人ぞ知るクラブだったが、今日多くの人がコワーキングスペースとして認識するようになったのは、2005年にローゼンターラー・プラッツにオープンしたザンクト・オーバーホルツ(St.Oberholz)であり、ラップトップ・フレンドリーなカフェの元祖だった。当時は、iPhoneもなく、Wi-Fiも目新しく、ノートパソコンは大きくて重く、リモートワークはフリーランサーにしか支持されていなかった。また、今と違って、カフェでコーヒーを買って、ノートパソコンを取り出して仕事をするというのは、当たり前のことではなかったのである。

takemura20211228c.jpg

St.Oberholz前での顧客の様子。CC BY-SA 3.0.Forstraßenfestival 2015 Publikum vor dem St. Oberholz

しかし、ザンクト・オーバーホルツは、カフェで仕事をすることがクールである最初のスペースとなり、仕事をコンセプトの一部とし、オフィスではないワークスペースを提供した最初のカフェだった。

ザンクト・オーバーホルツは、ベルリンで初めて、コワーキングやワーク・エブリウェアという言葉を広めた場所となった。その後10年間で、ゼーデニカー通りにも同様の空間を設置して拡張を続け、現在では15カ所のコワーキングやフレックスオフィスを展開している。また、Sparda-Bankやドイツ鉄道などの伝統的な企業に対して、自社のオフィス環境を再活性化するためのアドバイスも行っている。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中