最新記事

寄稿

日本人にも喜ばれる訪日客向けの観光施策とは? 東京を魅力的な旅行先にするためにできること(デービッド・アトキンソン)

2023年7月24日(月)11時30分
※TOKYO UPDATESより転載
浅草寺

浅草の浅草寺は訪日外国人観光客に大人気のスポットだが、東京は寺院のみならず、もっと多様な顔や魅力を持つ街だ bhidethescene-iStock

<株式会社小西美術工藝社の代表取締役社長で『新・観光立国論』など多くの著書があるデービッド・アトキンソン氏。2020年からは日本政府の成長戦略会議の一員として、日本の観光政策についても助言し続けている氏が、観光地としての東京について語る>

東京は、1000万を超える人々の暮らしや仕事を支える巨大メトロポリスであると同時に、訪日外国人にとって、驚くほど多様な魅力を持つ街だ。

たとえば、食。日本の中心だから、高級懐石や寿司から下町の食堂まで、ありとあらゆる和食に舌鼓を打てるのはもちろんのこと、世界各国の料理を楽しむことができる。それもイタリア料理やフランス料理だけでなく、ギリシャ、南米、インド、タイ、中国、韓国など、文字通り世界中の料理店があるのだ。そこで供される料理の多くは、日本人の味覚に合うようにアレンジされているため、オリジナルとはまた異なる面白さがあるだろう。東京には数え切れないほどクールなバーもある。

tokyoupdates2307_2.jpg

銀座の歌舞伎座のまわりにはモダンなビルが立ち並ぶ。2013年に老朽化のため建て替えられた歌舞伎座は、元の伝統的なデザインを踏襲したものとなっている 7maru-iStock

東京で劇場といえば、伝統的な歌舞伎や能楽の劇場だけではない。現代演劇やオペラ、オーケストラのコンサートを楽しめるホールも多い。

また、伝統的な木造建築の隣に超モダンなビルが建っているかと思えば、19~20世紀初めに建てられた和洋折衷の建物も数多くも残っている。

買い物にしても、陶磁器や刃物、着物、骨董品をはじめとする伝統工芸品もあれば、日用品の買い物も楽しい。また、高級ブランドショップは、世界でも有数の品揃えを誇る。

もちろん、アニメやマンガ、オタクグッズなど、世界に名を馳せるユニークでニッチな文化もある。

重要なのは、高尚な文化や名建造物と同じくらい、日常生活にも素晴らしい魅力が詰まっているということだ。

東京のオリジナリティと多様性が、東京の魅力となる

東京には、イメージするようないわゆる大都市とは異なる顔もある。最南端は東京の中心地から1,000キロも離れた小笠原諸島だし、西部には登山を楽しめる山々や手つかずの自然が広がる。

この多様性は観光客にとって素晴らしい宝になっている。なにしろコロナ禍前の2019年には、世界規模では15億人もの人が国外旅行へと出かけていたのだ。どんな都市であれ、一面的な魅力では彼らの旺盛な好奇心はとても満たすことができない。

東京がその多様性を活かすカギは、本来の形を大切にしつつ、外国人観光客が親しみやすい仕組みを作ることだろう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

メルセデス、中国パートナーとの提携に投資継続 「戦

ビジネス

日経平均は大幅反落800円超安、前日の上昇をほぼ帳

ビジネス

焦点:国内生保、24年度の円債は「純投資」目線に 

ビジネス

ソフトバンク、9月30日時点の株主に1対10の株式
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中