最新記事

寄稿

日本人にも喜ばれる訪日客向けの観光施策とは? 東京を魅力的な旅行先にするためにできること(デービッド・アトキンソン)

2023年7月24日(月)11時30分
※TOKYO UPDATESより転載
浅草寺

浅草の浅草寺は訪日外国人観光客に大人気のスポットだが、東京は寺院のみならず、もっと多様な顔や魅力を持つ街だ bhidethescene-iStock

<株式会社小西美術工藝社の代表取締役社長で『新・観光立国論』など多くの著書があるデービッド・アトキンソン氏。2020年からは日本政府の成長戦略会議の一員として、日本の観光政策についても助言し続けている氏が、観光地としての東京について語る>

東京は、1000万を超える人々の暮らしや仕事を支える巨大メトロポリスであると同時に、訪日外国人にとって、驚くほど多様な魅力を持つ街だ。

たとえば、食。日本の中心だから、高級懐石や寿司から下町の食堂まで、ありとあらゆる和食に舌鼓を打てるのはもちろんのこと、世界各国の料理を楽しむことができる。それもイタリア料理やフランス料理だけでなく、ギリシャ、南米、インド、タイ、中国、韓国など、文字通り世界中の料理店があるのだ。そこで供される料理の多くは、日本人の味覚に合うようにアレンジされているため、オリジナルとはまた異なる面白さがあるだろう。東京には数え切れないほどクールなバーもある。

tokyoupdates2307_2.jpg

銀座の歌舞伎座のまわりにはモダンなビルが立ち並ぶ。2013年に老朽化のため建て替えられた歌舞伎座は、元の伝統的なデザインを踏襲したものとなっている 7maru-iStock

東京で劇場といえば、伝統的な歌舞伎や能楽の劇場だけではない。現代演劇やオペラ、オーケストラのコンサートを楽しめるホールも多い。

また、伝統的な木造建築の隣に超モダンなビルが建っているかと思えば、19~20世紀初めに建てられた和洋折衷の建物も数多くも残っている。

買い物にしても、陶磁器や刃物、着物、骨董品をはじめとする伝統工芸品もあれば、日用品の買い物も楽しい。また、高級ブランドショップは、世界でも有数の品揃えを誇る。

もちろん、アニメやマンガ、オタクグッズなど、世界に名を馳せるユニークでニッチな文化もある。

重要なのは、高尚な文化や名建造物と同じくらい、日常生活にも素晴らしい魅力が詰まっているということだ。

東京のオリジナリティと多様性が、東京の魅力となる

東京には、イメージするようないわゆる大都市とは異なる顔もある。最南端は東京の中心地から1,000キロも離れた小笠原諸島だし、西部には登山を楽しめる山々や手つかずの自然が広がる。

この多様性は観光客にとって素晴らしい宝になっている。なにしろコロナ禍前の2019年には、世界規模では15億人もの人が国外旅行へと出かけていたのだ。どんな都市であれ、一面的な魅力では彼らの旺盛な好奇心はとても満たすことができない。

東京がその多様性を活かすカギは、本来の形を大切にしつつ、外国人観光客が親しみやすい仕組みを作ることだろう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は

ワールド

ナワリヌイ氏葬儀、支持者数千人集まる 厳戒態勢 全
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 2

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強くする

  • 3

    世界的人気のニセコ、TSMC進出の熊本...「ラーメン1杯3000円」でも、決して「バブル」ではないワケ

  • 4

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮…

  • 5

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 6

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 7

    金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

  • 8

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 9

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 10

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中