最新記事

インタビュー

スヌーピーとデザインと村上春樹――ブックデザイン界の巨匠チップ・キッドに聞く

2016年6月20日(月)16時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

<村上春樹作品のアメリカ版の装丁などで知られる「世界で最も有名なブックデザイナー」のチップ・キッド。スヌーピーミュージアム(東京・六本木)の開館を機に来日したキッドに、『ピーナッツ』からグラフィックデザインまで、話を聞いた>

 東京・六本木に今春オープンしたスヌーピーミュージアムは、米カリフォルニア州にあるチャールズ・M・シュルツ美術館の世界初のオフィシャルサテライト。故チャールズ・シュルツが1950年に生み出した新聞コミック『ピーナッツ』は、連載開始から65年以上経った今も世界中で人気が高く、子供から大人まで、日本にもファンが多い。

chipkidd160620-1.jpg

さまざまな表情、年代のスヌーピーが出迎えてくれるスヌーピーミュージアム外観 ©Peanuts Worldwide LLC

chipkidd160620-2.jpg

ミュージアムに入ってすぐのホールにはチャールズ・M・シュルツの写真などが飾られている ©Peanuts Worldwide LLC

 スヌーピーミュージアムで現在開催中のオープン記念展「愛しのピーナッツ。」は、詩人の谷川俊太郎から作家の吉本ばなな、映画監督のスティーブ・マーティノまで、日米の文化人ら12人――全員、大人のピーナッツ・ファンだ――が、お気に入りのピーナッツについて、映像や秘蔵のアイテムを披露する展覧会。その1人が、世界的なグラフィックデザイナーのチップ・キッドである。

 アメリカの老舗文芸出版社クノップフに所属し、約30年間、ブックデザインを手がけてきたデザインの第一人者だ。マイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』や、村上春樹作品のアメリカ版の装丁などで知られる。「世界で最も有名なブックデザイナー」と称されることもあるが、その理由のひとつは、150万回以上も視聴されているこのTEDトークかもしれない。ブックデザインの魅力をユーモアたっぷりに伝えたプレゼンテーションだ。

 スヌーピーミュージアム開館を機に来日したチップ・キッドに、ピーナッツやグラフィックデザイン、米出版界の現状などについて話を聞いた。まずは、デザイナーとしてチャールズ・シュルツからどのような影響を受けたのだろうか。

「概念的なことだが、シュルツの"減らすセンス"に影響を受けた。人間の感情を取り上げるにも、根源的なところまで絞り込む。象徴的で独特で、絵はとてもフラット。最小限の線と色で、力強くひとつのことを伝える。彼は技巧的には少ないもので、多くを伝えることに長けていた」

 キッドは生前のシュルツに会っていないが、シュルツ死去の1年後、ピーナッツのビジュアルブック『Peanuts: The Art of Charles M. Schulz』(2001年、邦訳未完)を未亡人らの協力を得て完成させた。さらに最近も、『スヌーピーとチャールズ・M・シュルツの芸術――必要なものだけを(Only What's Necessary)』(邦訳は今年4月、奥田祐士訳、DU BOOKS)を刊行。他にも、コミック『バットマン』に関する本などを著している。

ニュース速報

ビジネス

焦点:タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 6

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 7

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月