最新記事

ワークプレイス

自治の精神で育む都市のフロンティア

A Pioneer in the Self Made Future

造船所跡地をリノベーションしたアートスペース「NDSM」

2016年3月18日(金)06時03分
WORKSIGHT

造船工場跡をリノベーションして造られたスペースは、天井高15mと開放的。そこにプレハブを建てクリエイターに貸し出している。むき出しになった鉄骨は造船所だった頃の名残だ。


[課題]  新しい文化発信の場をつくる
[施策]  自治の精神で場をつくる
[成果]  大企業や個人など多様な人たちが集まる拠点へ

 アムステルダム中央駅を周回する運河の北部。ロイヤルダッチシェルのテクノロジーセンターの先に、新しい文化発信のチャネルが育っている。

 埠頭にそびえる巨大なクレーンが示すように、ここNDSMは造船所の跡地だ。しかし内実は、アーティストたちが作業する小さなアトリエと大企業のオフィスが混在した創造的空間。そのルーツを紐解こう。

 1900年初頭、アムステルダムの造船業は好景気に沸いた。造船所を拡張するため市が川を埋め立てると、新たに10万平方メートルの土地が生まれた。思えばアムステルダムそのものが堤防で水をせきとめた干拓地に作られた街である。

「ここはアムステルダムの歴史を象徴しているように思います」とエリアのメンテナンスを担うNDSM-werf*財団のエリーン・ヴァン・リエット氏は言う。「水を見ると『どう陸を作るべきか』を想像してしまう。オランダ人にはそういう癖があるんです(笑)」

【参考記事】シェアリングエコノミーで人をつなぐ、オランダ発のコワーキング

造船所跡地に制作拠点を求めるアーティストや若者が集結

 造船所は1984年に閉鎖。以降、エリアはスクワッター(不法滞在者)がたまり、犯罪が多発する無法地帯と化した。だがアムステルダム市が「非常に良い使い方をした」。

 造船所跡地を安い賃料で市民に開放すると、制作拠点を求めていた若いアーティストが占拠。後に市がエリアの再開発プロジェクトを正式に公募した。

 アーティストたちは市と交渉して鉄骨のフレームを提供してもらうと、造船工場跡を20〜60平方メートルの区画に整備し、自分たちのアトリエやスタジオを作った。現在は、アーティストのほかアントレプレナー、アニメーションやグラフィックなどクリエイティブ系職種が多く入居している。

【参考記事】隈研吾が語るTOKYOの未来図

 再開発プロジェクトの発足時、アムステルダム市にはこれといって思惑はなかったという。「まずやってみて、様子を見る」のもオランダ人の気質。もっとも、アーティストばかりかグローバル企業までもが入居してきたのは予想外だったらしい。

 バイアコム、ヘマ・インターナショナル、レッドブル、グリーンピース、ペルノ・リカール、彼らはNDSM内にオフィスを構えることで「感度のいい会社」とのブランドイメージを若者に発信できると期待しているのだ。

wsNDSM-1.jpg

(左上)シェアオフィスの外観。写真左手はこれから開発が行われるスペースで、今回紹介しているスペースは写真右手の建物にあたる。(左下)NDSMの入口にある「ウェルカムセンター」と呼ばれるスペース。入居者の名刺やフライヤー、フリーペーパーなどが置かれている。(右)NDSMには多くのアーティストやグラフィックデザイナーなどが入居している。家具職人トーマス・エカブームも、その1人。自由に彩られた壁が印象的だ。

ニュース速報

ワールド

韓国の国連加盟停止提案、北朝鮮「まったく受け入れら

ワールド

移民政策真意伝わらず、トランプ氏「恐らく私のせい」

ビジネス

3月米利上げ確率35%、GDP改定値受け=短期金利

ビジネス

中国国家主席「金融不正、断固取り締まるべき」

MAGAZINE

特集:習近平vsトランプ

2017-3・ 7号(2/28発売)

「一つの中国」容認で矛を収めたかに見えるトランプだが、世界の新リーダーを目指す中国との貿易戦争は起きるのか

人気ランキング

  • 1

    身近な「サイコパス」から身を守るための知識

  • 2

    オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか

  • 3

    金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

  • 4

    パーフェクトな容姿に「変身」したイバンカ その品…

  • 5

    世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を…

  • 6

    職場でハイヒール強要は違法にすべき? 英国下院で審…

  • 7

    アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

  • 8

    金正男暗殺の謎 北朝鮮、従来の「工作作戦」と異な…

  • 9

    LCCが殺到! 関空が描く「アジアハブ」の野望

  • 10

    アカデミー賞逆転劇、スターたちの粋なリアクション

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 5

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 6

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 7

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    韓国外交部、釜山市らに慰安婦問題の「少女像」移転…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 4

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月