最新記事

ワークプレイス

シェアリングエコノミーで人をつなぐ、オランダ発のコワーキング

Learning to Share with Dutch Style Co-working

個人のナレッジをシェアする自律的ワークプレイス「Seats2meet.com」

2016年2月12日(金)11時55分
WORKSIGHT

S2Mの本拠地ユトレヒトにあるメインワークスペース。


[課題]  自律的なワーカーの仕事場をつくる
[施策]  個人のナレッジをシェアすることに価値をおいた場づくりへ
[成果]  オランダだけで77箇所以上のネットワークを構築

 オランダ国内に77カ所で展開するコワーキングスペース、シーツ・ツー・ミート(以下S2M)。創業からわずか8年あまりでここまでの成長を遂げた理由は、何と無料でワーカーに開放していること。

 もっとも、正確に言えば「タダのようでタダではない」。お金ではなく、ユーザー個人が持つ知識やスキル、ネットワークなどの社会資本を対価として扱うところに、S2Mの革新がある。

【参考記事】クオリティ・オブ・ライフの尊重がゲームの未来を切り開く

 まずは拠点をめぐろう。今回、案内してもらったのはデザインの異なる3つのロケーション。とはいえ、どれも同じシステムで運営されている。

「人と人が出会い、知識を共有し、共に働く場所」

 アムステルダムのオフィスは、コワーキングスペースのほかテナントが併設されている。建物は1911年に証券取引所として建てられたものだが、そこには興味深い謂われがある。

 オランダ人建築家ベルラーヘのデザインだ。「100年前、共産主義だった彼は建物の建設中に兄弟に宛てて手紙を送っています。『ここはアムステルダムの資本主義の象徴となることだろう。しかし、市場経済が破綻したとき、公の、市民のための場所となる。人と人が出会い、知識を共有し、共に働く場所になると思う』。100年かかりましたが、この手紙のおかげで彼のビジョンとS2Mのビジョンがひとつになり、その思いが現実となったのです」と担当マネジャーのシミーナ・ヨンカー氏が説明する。S2Mにとっても、そのコンセプトを象徴する特別なロケーションである。

 続いてアムステルダム郊外のベッドタウン、アルメレ。ここはパブリックスペースにS2Mのコンセプトがうまく取り入れられた例で、図書館内にS2Mの専用エリアが20席設けられている。アムステルダムと違い商業性はなく、地域に根ざした協業の場となっている。

wsS2M-1.jpg

(左上)アムステルダムのベッドタウン、アルメレにあるユニークなデザインの公立図書館。この一角にS2Mのスペースがある。(右上)その日に行われている会議の予定が壁に貼られている。気になる内容があればアクセスすることも可能だ。(下)ふんだんに自然光の入るミーティングルーム。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 4

      世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 8

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 9

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 10

      猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 3

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 4

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 5

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月