最新記事

都市開発

隈研吾が語るTOKYOの未来図

A New Model For Urban Design

再開発ラッシュに沸く東京を、日本を代表する建築家が斬る

2014年9月30日(火)17時06分
デービッド・マクニール(ジャーナリスト)

 超高層ビルの建築プロジェクトが目白押しの東京。天高くそびえる摩天楼の街に住民の居場所はあるのか。新国立競技場の建て替え計画で、巨大過ぎるザハ・ハディド案について東京都などに異議を唱えた日本を代表する建築家の一人、隈研吾・東京大学教授に話を聞いた。

                  *

──もはや劇的な高度成長を望めない東京をより活気ある町にするために、何をすべきだと思うか。

 北京や上海のような「若い」町とは違う「高齢」の都市だという事実に即した都市計画が必要だ。行政と企業の議論は常に、若い都市を想定している。東京で進んでいる多くの再開発は、高層ビルとショッピングセンターなど20世紀的なモデルに基づいている。

 東京は、都市計画の新たなモデルを提示すべきだ。今後20〜30年間でアジアのどの都市も高齢化の道をたどるだろうが、東京はその先頭を走っている。

──具体的には何をすべき?

 すでにある(古い街並みや歴史的建造物などの)遺産をできるかぎり活用することが、1つの方法だ。よりサステイナブル(持続可能)な都市に近づけるし、都市の歴史と文化を継承することもできる。

 成熟した都市にとっては非常に大切なことだ。遺産を破壊してしまえば、ゼロから始めなければならない。そうする以外に選択肢がない場合もあるが、都市を破壊する行為はできるかぎり避けるべきだ。

──遺産が守られた例はある?

 下北沢の再開発は興味深い。また、私が暮らす神楽坂は関東大震災や(第二次)大戦による被害を受けておらず、都内で最も古い街並みが保存されているエリアの1つだ。多くの小さな家や店が残っている。
 
 現在、(神楽坂駅前にある)新潮社の書籍倉庫の改築プロジェクトに取り組んでいる。この倉庫は25年間使われていなかった。彼らにとってはただの古くて汚いビルで、使い道がわからなかった。典型的な日本的メンタリティーだ。

 倉庫を見学し、リノベーションは可能かと問われたとき、私は「この建物が好きだ!」と感じて設計を引き受けた。10月(10日)にオープンする予定だ。東京にはこの手のリノベーションが必要だと思う。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

歳出最大97.7兆円、新規国債33.7兆円に 18

ビジネス

ビットコインが最高値更新、1万8000ドルに迫る

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月