最新記事

都市開発

隈研吾が語るTOKYOの未来図

A New Model For Urban Design

再開発ラッシュに沸く東京を、日本を代表する建築家が斬る

2014年9月30日(火)17時06分
デービッド・マクニール(ジャーナリスト)

 超高層ビルの建築プロジェクトが目白押しの東京。天高くそびえる摩天楼の街に住民の居場所はあるのか。新国立競技場の建て替え計画で、巨大過ぎるザハ・ハディド案について東京都などに異議を唱えた日本を代表する建築家の一人、隈研吾・東京大学教授に話を聞いた。

                  *

──もはや劇的な高度成長を望めない東京をより活気ある町にするために、何をすべきだと思うか。

 北京や上海のような「若い」町とは違う「高齢」の都市だという事実に即した都市計画が必要だ。行政と企業の議論は常に、若い都市を想定している。東京で進んでいる多くの再開発は、高層ビルとショッピングセンターなど20世紀的なモデルに基づいている。

 東京は、都市計画の新たなモデルを提示すべきだ。今後20〜30年間でアジアのどの都市も高齢化の道をたどるだろうが、東京はその先頭を走っている。

──具体的には何をすべき?

 すでにある(古い街並みや歴史的建造物などの)遺産をできるかぎり活用することが、1つの方法だ。よりサステイナブル(持続可能)な都市に近づけるし、都市の歴史と文化を継承することもできる。

 成熟した都市にとっては非常に大切なことだ。遺産を破壊してしまえば、ゼロから始めなければならない。そうする以外に選択肢がない場合もあるが、都市を破壊する行為はできるかぎり避けるべきだ。

──遺産が守られた例はある?

 下北沢の再開発は興味深い。また、私が暮らす神楽坂は関東大震災や(第二次)大戦による被害を受けておらず、都内で最も古い街並みが保存されているエリアの1つだ。多くの小さな家や店が残っている。
 
 現在、(神楽坂駅前にある)新潮社の書籍倉庫の改築プロジェクトに取り組んでいる。この倉庫は25年間使われていなかった。彼らにとってはただの古くて汚いビルで、使い道がわからなかった。典型的な日本的メンタリティーだ。

 倉庫を見学し、リノベーションは可能かと問われたとき、私は「この建物が好きだ!」と感じて設計を引き受けた。10月(10日)にオープンする予定だ。東京にはこの手のリノベーションが必要だと思う。

ニュース速報

ビジネス

象牙取引:日米ヤフーに対応の差、日本の取引サイトに

ビジネス

象牙規制:国内取引残る日本、中国の「転向」で非難の

ビジネス

中国経済は「新常態」に、ファンダメンタルズは変わら

ビジネス

アサヒ、欧州事業買収後もM&A先の研究・検討は継続

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 3

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 4

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 5

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 6

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 7

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 8

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 9

    サイバー対策の責任者となるジュリアーニの、お粗末…

  • 10

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 9

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 10

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 10

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月