最新記事

米大統領選

トランプは今や共和党支持者の大半を支配し操っている

Trump Shows Huge Voter Reach as Jeb Bush Quits Race

サウスカロライナ予備選ではライバル候補の票も奪い圧勝 

2016年2月22日(月)20時00分
マシュー・クーパー

人気者 暴言にもかかわらず勢いを増すトランプ Tami Chappell-REUTERS

 サウスカロライナ州予備選で勝利した不動産王ドナルド・トランプは、共和党支持者のありとあらゆる層から支持されていることを見せつけた。一度は最有力候補と言われたジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が苦戦を強いられ、選挙戦からの撤退に追い込まれたのは、トランプがいかにこれまでの政治の様相を一変させたかの好例だ。

 予備選前、トランプには逆風もあった。メキシコとの国境に壁を作るといった移民差別発言を繰り返してきたことに関し、ローマ法王から「壁を作る者はキリスト教徒とはいえない」と「破門」を言い渡された一件では、カトリック信者の支持が離れるのではないかといわれた。サウスカロライナの知事はトランプ以外の候補を支持していたし、ライバルのジェフ・ブッシュ陣営には、兄で前大統領のジョージ・W・ブッシュが助っ人としてサウスカロライナ入りした。それでもトランプは大勝を収めた。

【参考記事】トランプ劇場は終わらない

 出口調査によると、トランプは退役軍人や高齢者の票を集め、保守的なキリスト教福音派の票も、彼らを支持基盤とする保守強硬派のテッド・クルーズ上院議員とほぼ同数で分け合った。大学教育を受けていない人、少し受けた人、学位を持っている人などの間でも、学歴を問わず多くの支持を集めた。穏健派にも保守派にも等しく人気があった。トランプが勝てなかったのは、自らを「非常に保守的」と呼ぶ有権者と富裕層、そして大学院の学位をもった層だった。

4人に3人がイスラム教徒入国禁止を支持

 これでトランプの勝ちが決まった、というわけではないが、彼は福音派が有権者の4分の1足らずと少なく(サウスカロライナでは69%が福音派)、より世俗的なニューハンプシャー州でも勝利している。10数州が党員集会・予備選を行う3月1日のスーパーチューズデーにはどちらかといえばサウスカロライナと同じく保守的で信仰心の篤い南部の州が多く、トランプにとっては豊作が期待できそうだ。共和党の大統領候補になる意気込みなのか、トランプ先週末、サウスカロライナ州予備選の勝利宣言のなかでこう言った。「さっさと片付けてしまおう」

 2番手クルーズは福音派と「非常に保守的」な層から、続くマルコ・ルビオ上院議員は、若者や高学歴の富裕層で健闘した。だが、トランプほど幅広い支持を得た候補はいない。彼は「怒れる層」だけでなく、共和党のあらゆる支持層で支配的な地位を得ている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 4

      世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 8

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 9

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 10

      猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 3

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 4

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 5

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月