最新記事

米大統領選

トランプ劇場は終わらない

You’re Fired! Trump Shows Rivals How It’s Done in Entertainment Politics

TVの手法を援用した「主演俳優」のトランプに人々は熱狂し、もはやこの先何が起こってもおかしくない

2016年2月10日(水)20時00分
マーク・チョウ(オーストラリアカトリック大学政治学准教授)、マイケル・オンダーチェ(同歴史学准教授兼人文学部長)

勝利宣言 共和党ニューハンプシャー州予備選で勝利したドナルド・トランプの「劇場型選挙」はまだまだ続く Jim Bourg-REUTERS

 ドナルド・トランプの初戦の敗北は、驚きに満ちた今回の大統領選のなかでも予想外の驚きだった。共和党の指名候補レースの首位として臨んだアイオワ党員集会で共和党のライバル、テッド・クルーズ上院議員に敗北し、トランプ自身も「私はドブ板選挙には慣れていないから」と敗因を分析、殊勝なところを見せていた。

 もっともトランプの反省は長くは続かない。クルーズがアイオワで勝てたのは「選挙で不正をしたからだ」とやぶから棒にツイートで批判、選挙をやり直すかクルーズの勝利を無効にすべきだと息巻いた。

 そしてニューハンプシャー州予備選では、逆転勝利を演じて見せた。まさにリアリティードラマのような展開だ。そこでの一連のエピソードは、トランプについて2つのことを再確認させてくれる。

 第1に、トランプをただの変わり者と片付けるのはもうほとんど不可能ということだ。彼は予測不能でどんな型にもはまらない。次から次へとスキャンダルを巻き起こす。最近も、「自分なら(テロ容疑者の尋問に使われた拷問手法の)水責めを復活させる」という暴言で世を騒がせた。

【参考記事】支持者は歓迎、トランプ「イスラム入国禁止」提案

 ドラマの主演俳優として、トランプは人を魅了し、激怒させる。パフォーマンス・アーティストとして、常に聴衆を求める。現に何百万人ものアメリカ人がトランプの虜になっている。

 トランプは癪に障る。少なくとも西洋で、彼以上に個人崇拝されている政治家は存在しない。いるとすれば、保守強硬派のサラ・ペイリンぐらいだろう(元アラスカ州知事で2008年に共和党の副大統領候補だったペイリンは先月、トランプ支持を表明し、タッグを組んでいる)。

【参考記事】カンニング疑惑より重いペイリンの罪

 トランプに関してわかる第2の点は、今回の大統領選挙では「予想外」の連続に備えたほうがよさそうだということだ。トランプは、選挙予想にプロ生命を懸けている政治アナリストたちを困惑させている。それに対して一般の有権者は、何が起こるかわからない選挙戦にくぎ付けだ。政治としては最悪だとしても、ドラマとしては面白い。

避けられない演劇的要素

 トランプは、アイオワでクルーズに負けた後、ニューハンプシャー州予備選へ向けてリードをどんどん広げていった。

 最近の研究によれば、選挙戦は演劇と何ら変わりない。政策のウケがよくないなら、ショービジネスの手法が有効だという。

 政策だけでなく、演劇的要素が重要なのだ。候補者と有権者の間に「カメラのアングルやオンラインプロデューサー」が介在する今、政治はどんな「物語」を語るかにかかっている。それによって、大衆を団結させることも分断させることもできるのだ。

 どんな候補も、選挙運動を通じて大衆を楽しませるレベルにまでパフォーマンスに磨きをかけなくてはならない。かつてロバート・ケネディの選挙運動アドバイザーを務めた映画監督のチャールズ・グッゲンハイムは、こう言っていた。「人々はドラマやペーソス(哀愁)、陰謀や対立を期待している。それらがドラマチックに1つにまとまるのを求めている」

 こうして選挙戦を素晴らしいショーに仕立て上げられる候補者だけが、大衆の関心を掴める。トランプが共和党ドラマの中で主演を張っているのを見れば、このあり得ない候補者が広範な支持を集める理由もわかるだろう。

【参考記事】ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【後編】

 政治にそれほど関心がない人も、これから偉大な物語や面白い見世物が始まることが聞けば関心を持つ。

ショーでも見続ける価値があるのか?

 長年テレビでリアリティー番組の司会を務めたトランプは、大統領選挙を自分の見世物に変えてしまった。大統領選の物語をうまく語れば、人心を操り、利用し、人々の感情や偏見、無知に付け込むことができる。トランプは、それを知っているのだ。

【参考記事】「トランプ旋風」にダマされるな!

 アイオワでの思いがけない敗北のような予想外の展開も、聴衆をますます喜ばせる。先が見えたドラマは退屈で、興味も失われるからだ。

 予備選はこれから、ネバダ、サウスカロライナと続くが、もし選挙キャンペーンが視聴者を虜にするための芝居なら、いっそ観ないほうがいいのだろうか?

 ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ロブ・ウォーカーはこう書いている。人々が劇場から目を背けたからといって、選挙が突然「高尚になる」はずがない。そもそも演劇的な部分を見ないことは不可能だし、それによって有権者や候補者が証拠に基づいた論理的な議論に興味を持ち始めるわけでもない。

 ただし、現代の選挙が娯楽と欺瞞に満ちたショーであればこそ、有権者はその演劇的な要素や技術の存在を知らなければならない。受け身の観客から行動的な参加者にならなければ、どこに落とし穴があるかも気づくことはできない。


This article is part of the Democracy Futures series, a joint global initiative with the Sydney Democracy Network. The project aims to stimulate fresh thinking about the many challenges facing democracies in the 21st century.


Mark Chou
,Associate Professor of Politics, Australian Catholic University

Michael Ondaatje, Associate Professor of History & Head of the National School of Arts, Australian Catholic University

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.

The Conversation

ニュース速報

ワールド

米政府、難民の教育・雇用などで国内企業に支援求める

ビジネス

英EU離脱が招く「ヘリマネ」、政府と日銀の一体強化

ビジネス

中国統計局の製造業PMI、6月50.0に低下 追加

ビジネス

日銀版コアコアCPI、5月は+0.8% 2カ月連続

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  9. 9

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  10. 10

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  3. 3

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  4. 4

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  5. 5

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  6. 6

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  9. 9

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  10. 10

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

STORIES ARCHIVE

  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月