最新記事

BOOKS

47歳の佐久間宣行が20歳の若者に「育んでほしい」と願うもの

2023年1月12日(木)11時55分
朴順梨(ライター)

佐久間宣行/1975年、福島県いわき市生まれ。テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティ(銀座 蔦屋書店にて撮影) Photo:遠藤 宏

<著書の『ずるい仕事術』も話題のテレビプロデューサー、佐久間氏に聞いた、独立のきっかけ、「見抜く目」の養い方、50歳に向けて考えていること。「社会に出て働く際にぶつかる壁は、海外でも日本でも同じ」>

テレビ東京時代に数々の人気番組を生み出し、2021年に独立したテレビプロデューサーの佐久間宣行さんは現在、47歳。

約20年間のサラリーマン生活で得たものを『ずるい仕事術』(ダイヤモンド社)にまとめてベストセラーとなったが、「僕が語っていることに近いことがいくつも書かれている。これを学生時代に読めていればよかったのに」と、ちょっと悔しさをにじませる本がある。

それがスタンフォード大学工学部教授のティナ・シーリグによる『新版 20歳のときに知っておきたかったこと――スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス ※アマゾンはこちら ※楽天ブックスはこちら)だ。

「社会に出て働く際にぶつかる壁って、海外だろうと日本だろうと同じなんだと、この本を読んで気づきました」

そう語る佐久間さんに、47歳の今と、もうすぐ50歳を迎えるこれからについて聞いた。

※関連記事:佐久間宣行が「正しいことが的確に書かれている」と唸った1冊の本

◇ ◇ ◇

給料以上の仕事をしていたら、後輩たちに怒られた

――2021年3月にテレビ東京を退社して以降、Netflixや自身のYouTubeチャンネルなど、演出の幅を広げています。独立のきっかけを教えてください。

複合的な要素はいくつかあるんですけど、まずはやっぱり、ディレクターの仕事をもうちょっと続けたかった。日本の企業風土の問題として、クリエイティブに専念しながらキャリアアップってできないんですよ。

テレビ東京は柔軟性のある組織だったんですが、現場で働きながらキャリアアップした人はこれまでにいないので、僕が制度作りをしていかないとならなかった。そうなると結局、クリエイティブに避ける時間がなくなるので、じゃあ独立しようと。

あとはNetflix はじめ、社員のままだと受けられない仕事のオファーがいくつも来たんです。今はどうやらOKらしいですけど、それはたぶん、僕が辞めたからで......。

もうひとつは、僕が『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』という映画を撮ったり、『ゴッドタン マジ歌ライブ』というイベントを武道館でやったりした際に、給料以上の報酬をもらっていなかったことがあります。

これを僕自身は会社員としての美徳と思っていたのですが、あるとき後輩たちに「佐久間さんが会社と戦ってボーナスをもらってくれないと、佐久間さんほど結果を出していない俺たちは一生主張できない。功罪ありますよ」って言われました。

よかれと思っていたことが、後輩たちのプレッシャーになっていたんですよね。実際、僕が独立して(後輩たちの)待遇が良くなったと聞いたのですが、後輩に言われるまで気付けなかった。

――『ゴッドタン』では芸人に限らず、アナウンサーやセクシー女優など、いろいろな人たちの「今までにない姿」を発掘し、光を当てました。その「人の持ち味を見抜く目」は、どのようにして養われたんですか?

それはまず、テレビ東京の番組ということが大きいですね。他の局とかぶることをすると、規模でどうしても負けてしまうんです。あとは僕がもともと小劇場やマイナー映画が好きな人間だというのも、結果的に影響していると思います。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月