最新記事

BOOKS

47歳の佐久間宣行が20歳の若者に「育んでほしい」と願うもの

2023年1月12日(木)11時55分
朴順梨(ライター)
佐久間宣行

佐久間宣行/1975年、福島県いわき市生まれ。テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティ(銀座 蔦屋書店にて撮影) Photo:遠藤 宏

<著書の『ずるい仕事術』も話題のテレビプロデューサー、佐久間氏に聞いた、独立のきっかけ、「見抜く目」の養い方、50歳に向けて考えていること。「社会に出て働く際にぶつかる壁は、海外でも日本でも同じ」>

テレビ東京時代に数々の人気番組を生み出し、2021年に独立したテレビプロデューサーの佐久間宣行さんは現在、47歳。

約20年間のサラリーマン生活で得たものを『ずるい仕事術』(ダイヤモンド社)にまとめてベストセラーとなったが、「僕が語っていることに近いことがいくつも書かれている。これを学生時代に読めていればよかったのに」と、ちょっと悔しさをにじませる本がある。

それがスタンフォード大学工学部教授のティナ・シーリグによる『新版 20歳のときに知っておきたかったこと――スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス ※アマゾンはこちら ※楽天ブックスはこちら)だ。

「社会に出て働く際にぶつかる壁って、海外だろうと日本だろうと同じなんだと、この本を読んで気づきました」

そう語る佐久間さんに、47歳の今と、もうすぐ50歳を迎えるこれからについて聞いた。

※関連記事:佐久間宣行が「正しいことが的確に書かれている」と唸った1冊の本

◇ ◇ ◇

給料以上の仕事をしていたら、後輩たちに怒られた

――2021年3月にテレビ東京を退社して以降、Netflixや自身のYouTubeチャンネルなど、演出の幅を広げています。独立のきっかけを教えてください。

複合的な要素はいくつかあるんですけど、まずはやっぱり、ディレクターの仕事をもうちょっと続けたかった。日本の企業風土の問題として、クリエイティブに専念しながらキャリアアップってできないんですよ。

テレビ東京は柔軟性のある組織だったんですが、現場で働きながらキャリアアップした人はこれまでにいないので、僕が制度作りをしていかないとならなかった。そうなると結局、クリエイティブに避ける時間がなくなるので、じゃあ独立しようと。

あとはNetflix はじめ、社員のままだと受けられない仕事のオファーがいくつも来たんです。今はどうやらOKらしいですけど、それはたぶん、僕が辞めたからで......。

もうひとつは、僕が『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』という映画を撮ったり、『ゴッドタン マジ歌ライブ』というイベントを武道館でやったりした際に、給料以上の報酬をもらっていなかったことがあります。

これを僕自身は会社員としての美徳と思っていたのですが、あるとき後輩たちに「佐久間さんが会社と戦ってボーナスをもらってくれないと、佐久間さんほど結果を出していない俺たちは一生主張できない。功罪ありますよ」って言われました。

よかれと思っていたことが、後輩たちのプレッシャーになっていたんですよね。実際、僕が独立して(後輩たちの)待遇が良くなったと聞いたのですが、後輩に言われるまで気付けなかった。

――『ゴッドタン』では芸人に限らず、アナウンサーやセクシー女優など、いろいろな人たちの「今までにない姿」を発掘し、光を当てました。その「人の持ち味を見抜く目」は、どのようにして養われたんですか?

それはまず、テレビ東京の番組ということが大きいですね。他の局とかぶることをすると、規模でどうしても負けてしまうんです。あとは僕がもともと小劇場やマイナー映画が好きな人間だというのも、結果的に影響していると思います。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金

ビジネス

FRB、7月利下げ観測一段と後退 9月開始 GDP

ビジネス

米新規失業保険申請、1万件減の23.5万件 予想以

ビジネス

ステランティス、上半期利益が40%減 減産・値下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中