最新記事

イスラムビジネス

ドイツに初のイスラム銀行が誕生

First Islamic Bank to Open in Germany

反イスラム感情が高まっているといわれるドイツで、急増するムスリム人口に対するビジネスが拡大中

2015年3月26日(木)16時26分
フェリシティー・ケーポン

 ドイツにこの夏、本格的な金融業務を行う初のイスラム銀行が誕生すると、ドイツのメディアが伝えた。

 報道によれば、ドイツの連邦金融監督庁(Bafin)はトルコの銀行、クウェートトルコ銀行に営業認可を与えた。同行はフランクフルト、ケルン、ベルリンに支店を展開、第1号のフランクフルト店は6月に営業を開始する予定だ。22日の記者発表によると、今後はフランクフルトを拠点にヨーロッパ全域にサービス網を広げる計画だという。

 イスラム銀行はイスラム法典「シャリーア」に則った業務を行う。そのため投機的な取引は行わず、貸付けを行って金利を取ることもない。イスラムの教義では、金の貸し借りで利益を得る行為は禁止されているからだ。ただし、事業に投資して配当を得ることは奨励されている。預金に利息はつかないが、預金者には出資に対する配当という形で利益が還元される。また、住宅ローンは組めないが、銀行が住宅を購入し、顧客に再販売して利益を得るという形で、住宅ローンと同様のサービスを提供できる。

 イスラム銀行はアルコール飲料を製造する会社やポルノ、賭博、豚肉を扱う会社には投資しない。企業価値に対する負債比率が30%を超える会社にも投資を控える傾向がある。

 ドイツのクウェートトルコ銀行のケマル・オザン頭取は、ドイツ在住の約400万人のムスリムが主要なターゲットだと話す。「市場調査で、ドイツ在住のムスリムの21%がイスラム銀行をメインバンクにしたがっていることがわかった」ドイツのムスリム人口はヨーロッパでは最大だ。

 ヨーロッパでは引き続きイギリスがイスラム金融の中心地の役割を果たす。イギリスには本格的な金融業務を行うイスラム銀行が5行あり、そのほかにも20の銀行がイスラム金融サービスを提供している。

ニュース速報

ビジネス

中国の構造改革、債務増大の抑制には不十分=ムーディ

ワールド

中国、北朝鮮との交渉時間が限られていると認識=米国

ワールド

北朝鮮ミサイル開発に3人のキーパーソン、金氏が特別

ビジネス

FRBのバランスシート縮小、長期金利への影響少ない

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 2

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 5

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 6

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

  • 9

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月