最新記事

イギリス

英緊縮財政で17年ぶりの高失業に

Britain, Jobs, Ouch!!

政府債務危機のヨーロッパには不況色が漂い、企業は様子見ムードで、緊縮政策には最悪のタイミング

2011年11月16日(水)16時15分
マイケル・ゴールドファーブ

 公的債務と財政赤字を解決するには国の支出を減らすしかないと考える人たちは、緊縮財政を行っているイギリスの雇用情勢にもっと注目したほうがいい。

 先日発表された統計によると、この1年で政府支援の職業訓練を受ける60歳以上の人々の数が、前年の約10倍に達したという。この制度はもともと若い人の就職支援を目的に作られたもの。だが4000人近い60歳以上の人がこの制度を通じて職に就いているということは、「就職危機」が若年層だけの問題ではなく、あらゆる年齢層に絶望感が広がっていることを示す。

 希望が持てない現実はまだある。公立の人事開発研究所が企業1000社を対象に行った調査で、緊縮財政によって人員が削減された公共部門の穴を民間で埋めるという考えには無理があることが分かった。「雇用市場は痛みを伴ってゆっくり収縮しており、多くの企業に『模様眺めムード』が漂っている」という。失業率が過去17年間で最高の8.1%に達し、さらなる上昇が見込まれるなか、企業側に様子見を決め込まれたのではたまらない。

 イギリスが高失業率に苦しんでいる理由の1つは、最大の貿易相手であるユーロ圏の景気低迷だ。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は今週、与党・キリスト教民主同盟の会合で、ヨーロッパは「おそらく第2次大戦以降で最も厳しい時期を迎えている」と語った。「私たちの世代が抱える課題は、私たちがヨーロッパで始めたことを完結させること。それは政治的な統合を着実にもたらすことだ」

 メルケルのスピーチライターに、演説に説得力を持たせるヒントをあげよう。政治的な統合とは「雇用の創出」を意味すると約束すればいい。それこそ、今日のヨーロッパの人々が一番ほしい一言なのだから。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

財務省、国債費24兆6174億円に減額へ=17年度

ワールド

焦点:返咲き目指すサルコジ氏、大統領選で移民に厳し

ビジネス

ANA、B787型機エンジン整備で9月末まで1日1

ワールド

米政府の支援は不十分、ジカ熱対策でフロリダ州知事が

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 10

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月