コラム

ようやく終わる日本の「コロナ鎖国」に反省はないのか?

2022年09月28日(水)11時30分

鎖国期間の後半には、いずれも徐々に「緩和」されていったのは事実ですが、当初はかなり厳格な運用がされており、慶弔に絡んだ日本渡航を断念した人は多かったのです。特に、親密な交流のあった日本の義父や義母を「きちんと見送れなかった」という悲劇は、個人的にも相当数耳にしました。

苦痛というのは、申請者だけにとどまりません。例えば、日本の在外公館、つまり大使館や領事館は、こうした問題に関して申請者と日本政府の間で、本当に厳しい「板挟み」になっていました。大使館や領事館では、多くの場合、日本語による窓口と、現地語による窓口に分かれているのですが、現地語対応の方はいつも長蛇の列となっていて、ネット受付が可能になるまでは、担当の方の疲弊も大変だったと聞きます。航空会社も同様です。

最大の問題は、このような「水際対策」の効果が疑問だということです。このような対策を行うことは、国外からの新型変異株の流入を遅くして、「時間を稼ぐ」ことが目的のはずでした。特に、今回のオミクロン株の場合はそうでした。ですが、せっかくこのように多大な犠牲が払われたにもかかわらず、その「時間稼ぎ」の効果があったのかは大きな疑問が残ります。

特に、問題はワクチンです。日本にはワクチンに関する賛否両論があり、1970年代以降の厚労行政が反対派に押されがちだった歴史もあります。だからこそ、水際対策で稼いだ時間を使って、政府は国民に丁寧な説明を行って接種率を高めるべきでした。

ていねいすぎるワクチン対応

ですが、小児へのワクチン接種に関しては、最初から厚労省も文科省も腰が引けており、10歳前後の子どもにも「本人の納得が大事」などと丁寧すぎるPRをやり、さらには学校現場ではワクチンに関する発言はご法度など、完全に「最初から負け試合」のムードでした。

若い世代への3回目以降接種も、副反応に関するネガティブな話題ばかりが拡散し、更に副反応の発熱では自動的にセンサーに引っかかって出社できなくなるので接種を躊躇、などという現象も出たようです。

親の死に目に会わせない、親に会わずに先に結婚せよ、などといった「およそ日本の家族重視の価値観とは相容れない苦痛」を多くの人に経験させておいて、せっかく稼いだ時間を、有効に使えなかったのです。その結果として、今回の第7波では、G7諸国中で最悪の感染拡大が現実のものとなりました。

そして、どう考えても諸外国より日本のほうが10万人あたりの新規陽性者などの指標は高い、つまり国外より国内のほうがウイルスの蔓延は「ひどい」状態となってもまだ「感染拡大の続く中では(水際対策の)緩和には慎重」という意味不明の「先送り」がされてきたわけです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米は財政赤字削減を、税収増や社会保障改革再び提言へ

ビジネス

「マグニフィセント・セブン」過半が決算発表=今週の

ワールド

米国務長官、24─26日に訪中 中東・ウクライナ・

ビジネス

テスラ、中国でも約2000ドル値下げ 米国に続き
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 8

    あまりの激しさで上半身があらわになる女性も...スー…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story