コラム

2012年大統領選、混迷の要因は「スーパーPAC」にあり

2012年01月25日(水)11時35分

 共和党の大統領候補者選びは、ここへ来て混迷を深めています。中道候補としてアイオワ州の党員集会とニューハンプシャー州予備選を「連勝」して勢いをつけたミット・ロムニー候補ですが、21日(土)のサウスカロライナ州予備選では、ライバルのニュート・ギングリッチ候補に大敗を喫しました。勝ったはずのアイオワ州も再計算では2位になっています。来週の1月31日に予定されているフロリダ州でロムニーが負けるようですと、益々混戦ということになりそうです。

 サウスカロライナ州でのギングリッチ候補の突然の上昇(サージ)ですが、要因は2つありました。1つは先週にこの欄でお話をした、ロムニー候補が「確定申告書の開示を渋った」ことと、にも関わらず「自分の税率は約15%」ということで「利子や配当などの不労所得」が多そうだという印象を持たれたことがあります。

 もう1つは、予備選の直前にABCテレビがギングリッチ氏の前夫人(彼は2回離婚して、今は3人目の奥さんなのですが、その2番目の奥さんだった人)のインタビューを行なって、ギングリッチ氏が90年代に不倫(今の奥さんが相手)が発覚した際に「これからはオープンマリッジ(束縛のない結婚)」にしようと持ちかけ、つまり「浮気を公認せよ」と迫ったという「証言」をした件です。

 実は直後のTV討論会で司会役のCNNのジョン・キング記者が、冒頭でこの問題を取り上げ、ギングリッチ候補にコメントを求めたのでした。そこでのギングリッチ候補の「反撃」はなかなかの見物でした。「コメントはノーだが、イエス、私にも言わせてもらおう」と鮮やかに切り出したギングリッチ氏は「誰にでも痛みの経験があるし、誰にでも大切な家族がいる。家族と共につらい経験を乗り越えた人間に対して、メディアがこうした暴露を続けるならば、善良な人間は選挙の洗礼を経て公職の責任を担うことは不可能になる」と畳み掛けました。

 そもそも「予備選の数日前に口に出すのも憚られるような内容をインタビューする局があり、その上でこの下らないゴミのような話題を他でもない、大統領候補討論の冒頭に持ってくる。ジョン、あんたがやっているのはそういうことだ。分かったかジョン」とキング記者にド真中の速球を投げ込んだのでした。この「一発逆転」のパフォーマンスが「直前」だっただけに利いたということがあると思われます。

 その後ですが、23日の月曜になって、ロムニー候補は「2010年の確定申告書」と「2011年の確定申告書の仮計算」を公表しましたが、大統領選に専念していたこの時期に、2年間合わせて4300万ドル(約33億円)の所得があり、税率は14%という内容でした。正直なのは良いのですが、何も働かなくても33億、しかも税率は明らかに「資産性所得」のものというのは、やはりダメージとしては大きいと言われています。明らかに「庶民とは接点のない人」ということになるからです。

 さて、今回の選挙ですが、ここまでネガティブキャンペーンが激しくなっている背景には、「スーパーPAC」という団体の問題があります。PAC(パック)というのは、以前からあった制度で、連邦や州レベルで「誰でもが政治的な行動を行うために作ることが許されている団体」という意味です。例えば、大統領候補を応援したいという場合に、本来の候補者への献金とは別に、その人を応援するPACがあれば、そこに献金しても良いというものです。

 このPACですが、個人の献金限度額は5000ドル(38万5千円)という規制があったのですが、2010年に最高裁判決が出て、個人の政治的活動の自由を優先するという立場から、限度額が原則廃止になっています。以降のPACのことをスーパーPACというのです。

 今回は、このPACが「スーパー化」した初めての選挙戦ということであり、とにかく有力候補にはその応援団としての「スーパーPAC」がガッチリついているのです。この資金力を使って何をするのかというと、「相手候補の中傷」です。というのは、PACには中立性が法的に要求されているのですが、それを逆手に取ることで、どんなにヒドい中傷キャンペーンをやっても、候補者本人は「知らん顔」ができるからです。

 ギングリッチ候補の離婚問題、ロムニー候補の資産問題など、同じ共和党同士とはとても思えない中傷合戦がエスカレートする背景には、この「スーパーPAC」があるわけです。ちなみに、面白い動きとしては、「共和党支持者の保守派」というキャラを演じてその裏にリベラルなメッセージを潜ませるという「話芸」で大人気のコメディアン、スティーブン・コルバートが、冗談で「コルべー・スーパーPAC」というのを作って、「スーパーPAC」が横行する政治状況の全体を笑い飛ばそうとしているという話もあります。

 オバマ陣営にも、支持者の間での絶大な人気は続いているので同じような「スーパーPAC」があって、本選目指して着々と資金を集めています。現在の共和党はこの「オバマ系のスーパーPAC」に対して、自分たちの方から中傷のネタを必死で提供しているという構図もあるわけです。いずれにしても、CM放映料という札束が乱舞する中で、このままロムニーとギングリッチの中傷合戦がエスカレートしてゆけば、益々オバマが有利になるでしょう。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

世界の原子力発電能力が急拡大、設備老朽化など課題も

ワールド

原油先物が上昇、ノルウェーのスト懸念 英EU離脱の

ワールド

訂正:米、人身売買問題でミャンマーを「最悪」国に格

ビジネス

出光興産、第三者割当増資「検討している事実ない」 

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  4. 4

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう