コラム

「手を上げない消極的日本人」の正体とは?(パックン)

2023年04月22日(土)16時08分

子供の頃は積極的だったのに… recep-bg/iStock.

<日本人は消極的なので授業で手を上げない...のではなく教育に問題がある、とパックンが実体験から指摘。学力が先進国下位でも人材豊富なアメリカに見習うべき点とは?>

新学期の季節ですが、ぜひご自分の「小・中・高」時代の教育を少し思い出してください。そこで質問。幼稚園の頃はいつも手を上げていたのに、教育の過程で授業で手を上げなくなった人......はい、手を上げて!

全国各地の講演会で学校を訪れる機会が多い僕だが、数年前に日本の学生の特徴に気付いた。手を上げる度合いは年齢と反比例関係にあるのだ! 幼稚園生はとにかく話したい、参加したい。○○手伝ってくれる人? 〇〇やる人? 〇〇知っている人? なにを聞いても「はい!はい!はい!」とすぐに手が上がる。「知っている人?」と聞いているのに「はい!はい! 知らな~い!」と手を上げる子供も多いぐらいだ。

しかし、学校に通い出すと変わる。小・中・高で徐々に手が上がらなくなる傾向があり、知らないのに知っているふりして手を上げる幼稚園生から、知っているのに知らないふりして手を上げない生徒さんに変身してしまう。さらに残念なのは、本当はやりたいのに「やる!」と手を上げなくなくことだ。

質問機会よりお行儀のよさ?

僕はずっと前から、この教育のいやな帰結に気付いていたが、原因がわからなかった。そしてある日、自分の子供が通う公立小学校の公開日に授業参観をさせてもらった。授業が始まる前に気付いたが、教室の壁に子供の美術や書道の作品などと一緒に、独特なメッセージが書いてあるB4の紙が一枚貼ってある。そこには3つの単語のみが書いてあった。
 
 はい
(立つ)
 です

ナニコレ? と不思議に思ったが、授業が始まって5分以内に謎は解けた。

先生が「『三原色』を知っている人?」と聞くと、(父と一緒で幼稚園生精神がずっと残っている)わが子が「はい!」と手を上げた。先生に「ハーラン君どうぞ」と指されると、息子が立つ。そして、椅子の後ろに回り、椅子を机の下に直ししてから「赤・黄色・青です」と答える。そして、また椅子を引いて、回って、座り直した。

これが「はい/(立つ)/です」なのだ!

なるほど。とてもいい学校だし、先生方には常に感謝している。参観日に見た、お行儀よく先生の話を聞いている生徒さんたちの態度もすごいと思った。しかし、聞きたいこと、言いたいことがあっても、「はい/(立つ)/です制度」のめんどくささを考えたら手をあげたくなくなるだろうね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=

ビジネス

ECB、利下げの必要性でコンセンサス高まる=伊中銀

ビジネス

G7、ロシア凍結資産活用は首脳会議で判断 中国の過
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 7

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 10

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 7

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 8

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story